語学

海外出張・赴任が決まったのに英語ができない人へ!海外留学→就職した私が勉強法教えます!

社会人になると難しそうな仕事を命じられても最初から「できません」と言っちゃならんのが一般的なマナー。

でもそんな中でも唯一多くの人が「できません」と言い、なおかつそれが無条件に許されてしまっているものがあります。

それは英語。

海外に住んでいると日本から出張や駐在で来るサラリーマンと出会うことがありますが、商談の場でも当たり前のように「あ、僕英語わからないんで」と言い現地の日本人や同行した英語のできる同僚に通訳させます。

海外出張が初めてなら仕方ないですが、しょっちゅう世界中を回っている人やはたまた何年も海外赴任している駐在さんでもこういうケースは珍しくありません。

まる
まる
これすごくヤバくない?日本の恥をわざわざ世界に晒してるような・・・

なぜ英語だけは「できません」が許されるのか

社会人になっても仕事に必要な資格のためには勉強するのに、英語は必要になっても勉強しない人がたくさん。

それでも許されてしまっている理由はおそらくその人の上司も英語ができないから。

さすがに自分ができないのに部下に「お前なんでできないんだ!」とは言えませんからねw

しかし海外で仕事をするのに英語ができないというのは百害あって一利なしなのです。

英語ができないと仕事の効率が格段に下がる

当たり前ですが、英語ができない場合誰かに通訳を頼まなくてはなりません。

通訳を介しての会話だと手間も時間も倍になります。

それでも同行する社員や取引先に日本語と英語が話せる人がいればまだいいですが、そうでない場合は通訳を外注する必要が出てきます。

外部の通訳を探す手間と通訳料もったいないですよ〜。

まる
まる
英語ができない=無駄な経費発生だよ!

英語ができないと相手にナメられる

英語ができなくても通訳がいれば話はできますが直接聞くより理解度は落ちますし、プロの通訳でない限り間違えて訳されている可能性だってあります。

それよりも英語ができない場合、相手からものすごくナメられます。

商談では弱みを握られてこちらに不利な出方をされてもおかしくないでしょう。

まる
まる
海外からしたら「なんで日本語しかわからない奴よこしたの?」というとこだろうねw

海外駐在なのに毎回誰かに通訳してもらうなんて愚の骨頂

百万歩譲ってたまに海外出張に行く日本国内勤務のサラリーマンなら英語ができなくても許されるかもしれません。

でも驚くことに、何年も海外駐在をしてるのに現地語も英語も喋れませんという人結構いるんです!

わたしの昔いた会社では、とある国に現地法人の社長として派遣され5年以上駐在し、挙句の果てには17歳年下の現地妻(日本語喋れる)までゲットしたオッサンがいました。

が、彼は現地語を1ミリ足りとも習得せず英語も話せず、毎回現地採用の日本語が喋れる社員に通訳してもらってたらしいです・・・マジですか・・・社長だぞ・・・。

まる
まる
なんで英語も喋れない社員を海外人事に抜擢するのかと思うけど、結局ほとんどの社員が英語喋れないから語学力で選ぶという発想にならないんだよね・・・

今からでも遅くない!海外出張・赴任に備えて英語を勉強しよう

そんな「英語できません!」とふんぞり返るかっこ悪いオッサンオバハンになりたくない人は今からでも遅くないので英語勉強しましょう。

海外出張や転勤が決まった人はもちろん、そんな予定ないわ〜という人だっていつそういう辞令が来るかわかりませんし、英語力をつければ「じゃあ君行ってもらおうか!」とチャンスが来るかもしれませんよ♪

英語はどうやって勉強するの?

とは言っても英語なんて学生の時以来ノータッチで単語も文法も忘れちゃったという人が多いでしょうね。

実はわたしも留学して英語を学び直したのが27歳の時で、高校の時は英語得意だったのに三単現のSとか受動態とかも忘れちゃってたんですよw

でも今では忘れた分を取り戻しただけでなく、海外で学校を卒業したり仕事をしたりする程度の英語力まで伸びました。

とまぁ偉そうに言ってみましたが、なんのことはない、基礎からやり直しただけです。

英語が喋れるようになりたかったらまずは文法の復習から

一番のポイントはいきなり英作文や英会話をしようとせず、文法の復習をしたこと。

よく「オレ文法わかんないけどとにかく喋って覚えたぞ!会話は文法関係ないから!」と謎の自慢をする輩がおりますが、大抵めちゃくちゃなブロークンイングリッシュなので無視しましょうw

実際にやってみるとわかりますが、文法を知った上で会話に臨むと理解度がグッと深まるんです。

極端なたとえをすると、時制(過去形や未来形)という概念を知らずに会話をしたらそれがいつ起きたことなのか伝わらないですよね。

実際前の職場で時制がまったくわからない非ネイティブがなんでも「〜ing」で話すので困りました。

過去のことも〜ingと言い、本人は「宅配便が来たよ(だから荷物片付けといてね)」と言ったつもりなのにわたしはこれから来るのかと思ってスルーしてたら、「宅配便来たって言っただろ!なんで荷物片付けてくれないんだよ!!」とキレられて困り果てたことが。。

おすすめの文法参考書は以下の記事でご紹介しています♪

英会話を始める前に英文法の勉強をしっかりやっとくと楽だよって話。 「英語が話せるようになりたい」 「IELTSのスピーキングテストで高得点を狙いたい」 そんな時多くの人がやってしまいがちなの...

リスニング教材は好きな英語のドラマや音楽を活用

また、リスニングの練習には好きな英語のドラマや音楽を活用しましょう。

「大好きなドラマや曲で何て言ってるのかわかるようになりたい!」というのがモチベーション維持にもつながります。

まる
まる
わたしは中3の時に中二病にかかってw、当時流行ってた「THE BEATLES 1」というビートルズのベストアルバムを買って歌詞をコピーして訳したりしてたよ♪

ビートルズの英語はきれいで比較的聞き取りやすいのでおすすめです。

特に「Hello, Goodbye」という公文のCMに使われてる曲は中1でも全部聞き取れてわかる簡単な英語なので初心者の人は聴いてみてくださいね♪


1〜2週間休暇を取れる人は短期留学もあり

日本国内で英語を勉強するだけじゃ物足りない!という方はいっそ留学してみてはいかがでしょう?

最近は有休を利用して1〜2週間で短期留学する社会人も多いですよ。

もちろん1〜2週間で英語がペラペラになるわけではありませんが、目的はそれよりもモチベーションアップと価値観を変えること。

英語を習得するためにわざわざ海外留学する人というのはモチベーションが高い人が多いので良い刺激になりますし、活きた英語に触れて「今まで学校で習った英語って実は間違ってたんだ!」と気付くこともあります。

日本の学校教育ってなんでか知らんけどわざと間違ったことを教えるんですよね。たとえば

  • 「coffee」は数えられないので「a cup of」を付ける
  • 「some」は肯定文、「any」は否定文と疑問文で使う

これ、どっちも嘘ですwだって実際の英語社会では以下のように使いますもん。

  • Can I have one coffee and two tea?
  • Can I have some water?

1番目なんかは文法的にはたしかに「a cup of」を付けるのが正式なんですが、実際は普通にoneとかtwoと表現することも多いです。

そういう学校英語と実際の英語のギャップもわかるので短期でも留学することは意義があります。

留学なんて学生や若い子がするもの、自分はもう遅いと思っている方は以下の記事を読んでほしいです。留学はいつでも遅くないですよ♪

60代・70代でも留学はできる!もう遅いと思って留学を諦めてるなんてもったいない!留学したいけどもう遅いと思っている 若い人に混じって勉強する勇気がない この歳で初めての留学なので何から準備したらいいのかわからない...

周りも英語ができないからいいやと思ったらあなたの成長は止まる

人間、周りと同じだとたとえそれが悪い状況でも安心してしまいます。

「赤信号 みんなで渡れば 怖くない」というやつですね。

でもあなたの周りはみんな英語ができなくても、世の中を見渡すと社会人になってから勉強して英語力をつけて転職したり、海外赴任している人もたくさんいます。

会社の中でとか仲間内で自分はどのレベル、という考え方だといつまで経ってもレベルが上がりませんよ。

みんなができないからいいやではなくみんなができないからこそ自分は勉強するという人の方がかっこいいです。

会社で昇給や昇進のチャンスも掴めるかもしれないし、もっと良い職場に転職できるかもしれませんしね。

是非この機会に英語を勉強し直して人生の幅を広げてください!

まる
まる
わたしもまだまだ。これからも英語の勉強は続けるよ♪