結婚式

結婚式にお呼ばれ!ドレスはどう選ぶ?女性ゲストの服装のポイントまとめ。

  • 結婚式に招待された
  • 何を着て行こうか迷っている
  • ドレスがいいの?着物がいいの?

女性は結婚式に招待されると嬉しい半面悩ましいのが服装。

せっかくのお祝い事だから華やかに着飾りたいけれど目立ちすぎたりマナー違反にならないか気を遣いますよね。

ネクタイを変えるだけで冠婚葬祭に対応できる男性と違い、女性は結婚式用にドレスを用意する必要があります。

毎回同じものを着るわけにはいかないですから、出費もかさむんですよね。

今回は結婚式にたくさん出席した経験+結婚式を挙げた花嫁としての視点から、女性ゲストに着てきてほしい服について書きたいと思います。

まる
まる
結婚式に招待されたけど着ていくものがわからない・・・という人必見!

基本は派手すぎず地味すぎないもの

男性ゲストは基本的に黒の礼服+白いネクタイなので、女性ゲストまで黒っぽい服を着てくると法事みたいになってしまいます。

なのでわたしは基本的に女性には華やかな色のものを着てきてほしいですね。

  • 真っ赤でスパンコールがたくさんついているドレス
  • 昼の式なのに露出が多いドレス
  • ボリュームのあるラインで花嫁と見間違うようなドレス

は派手すぎて花嫁よりも目立ってしまうので避けましょう。

白は花嫁の色なのでマナー違反!

これは常識中の常識なので真っ白なドレスで結婚式に出席する人はいないと思います。

まる
まる
映画「阪急電車」で新郎の元婚約者が新郎を自分から寝取った新婦への当てつけに花嫁と見間違うような純白のドレスで披露宴に現れるシーンがあったなwみんなは真似しないでね!w

ただし注意したいのがアイボリーやクリーム色、薄ピンクなどの白に近い色。

これらの色は写真に写ると白く見えてしまうので避けましょう。

子どもでも女の子は白や白に近い色は避ける

わたしは小2の時ウエディングドレスさながらの白のオーガンジーのドレスで披露宴に連れて行かれましたが、本当に花嫁さんには申し訳なかったです・・・。(親は「子どもなんだからいいでしょ」と気にしていませんでしたがそういう問題ではないかと・・・)

例外として、フラワーガールやリングガールなどのお役目がある女の子はOKとされています。

ただ花嫁さんによってはお役目のある女の子でも白は避けてほしいという人もいるので、娘さんがフラワーガールやリングガールを務める予定の親御さんは事前に花嫁さんに確認しましょう。

花嫁は女性ゲストがこんな服装で来てくれるとうれしい!

個人的に今まで結婚式に出席して素敵だなと思った女性ゲストの服装、実際に自分が花嫁となった時に着てきてくれてうれしかった服装をご紹介します。

明るい色のドレス

男性ゲストはみんな黒い服を着てきますし、新郎新婦のお母さんは黒留袖。

その他の女性ゲストまで黒い服が多いと法事みたいになってしまいますw

新郎新婦を引き立てるのはもちろん大事なんですが、程よく華を添えるのも女性ゲストの大切な役目です。

おすすめの色はピンク、黄色、オレンジ、緑、青、水色、紫など。写真で白く飛ばないはっきりした色味をチョイスしましょう!

わたしの結婚式の前に「何着てったらいいかな?」と聞いてくれた友達にはなるべく明るい色のものをとお願いしたらパステルカラーのドレスを着てきてくれました♪(これはうれしかった!)

たまにマナー本などに「新婦のカラードレスと色がかぶらないよう事前にカラードレスの色を聞いておきましょう」と書いてあることがありますが、そこまで気にする必要はないと思います。

カラードレスは直前で変更することもありえますし、何色かは当日のお楽しみに取っておいた方がいいですからね♪

明るい色の着物

そして準備は大変ですが、可能であれば着物を着てきてくれるとすごく嬉しいです!

白や白っぽい色は花嫁に配慮して避けるべきですし、黒も新郎新婦のお母さんの黒留袖とかぶるので明るい色をチョイスしましょう。

独身の女性であれば振袖もいいですね。独身のうちしか着れないので是非!(成人式の時に買った振袖がおうちに眠っていませんか?w)

結婚式に着ていく着物、まずは格式に注目

着物の格式は紋の数で決まると言われています。「背・両胸・後ろ袖」に5つ紋が入るものが最も格式高く、新郎新婦のご親族が着用される黒留袖が代表的な例といえるでしょう。その他にも未婚の女性は第一礼装として振袖を着用することができます。お立場によって異なるため、一緒に参列される方に相談してみることをおすすめします。ご友人などゲストの立場であれば、未婚の方は振袖を、未婚の方含めすべての方が着られる訪問着が人気です。

出典:きものレンタルwargoホームページ

わたしは友人や夫の妹たちが着物を着てくれて嬉しかったです。

ドレスよりも人とかぶりにくいし、なかなか着る機会もないのでおすすめ!

こんな服装は避けましょう

逆に避けた方が良い服装もあります。

人によっては気にしないこともありますが、中には不快に思う人もいるので以下のような服装は避けた方が無難です。

白や白に近い淡い色のドレス

上記と内容がかぶりますがおさらいです。

純白はもちろんのこと、アイボリーやクリーム色、薄めのベージュやピンクも見ようによっては白に見えますし、写真に写ると余計に白く見えがち。

ウェディングドレスによってはかなり黄みの強いアイボリーのものもあるので花嫁とかぶる恐れもあります。

ドレス屋の店員さんは「真っ白じゃなくてクリーム色なので大丈夫ですよぉ〜」などとそそのかしてきますが、それは単にドレスを売りたいだけなので真に受けてはなりませんw

派手すぎるor地味すぎる色のドレス

原色やラメがたくさん入ったドレスは花嫁より目立ってしまうので避けましょう。

また、黒やグレーなど地味すぎる色も1人2人ならともかくみんなが着てくると暗い雰囲気になりますし、一連パールのネックレスと合わせるとますます法事みたいになってしまいます。

まる
まる
わたしもかつて「フォーマルなら黒が無難!」と思って黒を着て行ったことがあるんだけど、女性ゲストが揃いも揃って黒ばかりでなんだか怖い集団みたいになってしまったw

もしどうしても色物が苦手で暗い色のものを着たいのであれば一連パールのネックレスは避け、華やかなコサージュを着けたりすると良いでしょう。

ひざ上丈の短いドレス

結婚式用のドレスは膝が隠れる丈が基本です。

ひざ上丈はカジュアルな印象になってしまいますし、露出が多いのを良く思わない人(特に年配の人)もいます。

特にチャペルでの式がある場合は必ずひざ下丈のものを選びましょう。

長すぎる丈のドレス

逆に長すぎる丈も注意する必要があります。

夜の式であればOKですが、昼間の式では床に着くほど長い丈のドレスはふさわしくありません。

それに結婚式に出席する時は髪もセットしてお化粧もバッチリしていますよね?

その状態で長ーいドレスを着ていると・・・キャバ嬢のように見えてしまいますよw

フォーマルでない洋服

これはカジュアルめの会場やレストランウェディングではOKな場合もありますが、ホテルや結婚式場の格式高い披露宴では気をつけましょう。

以前人気の高級ホテルでの披露宴に出席した際、どう見てもちょっとおしゃれ着ぐらいのワンピースで来ている女性ゲストがいました。

レストランでお食事とか、記念日デートに着るような感じですね。(そしてヘアセットはかっちり、メイクも美容院でしてもらってたので服とちぐはぐ・・・)

もっと衝撃的な例だと白いニット+普段着のスカートというのも見たことありますw

まる
まる
白もニットもツーピースもアウトだよ・・・w

TPOをわきまえた服装で出席するのは最低限のマナーですし、服装もお祝いの気持ちを表す方法のひとつです。

相手側の家族からも「向こうのゲストになんか変な格好の人がいる」と思われたら自分を招待してくれた新郎新婦の顔に泥を塗ることになるので注意しましょうね。

タイツ、黒ストッキング

冬の式だと寒いのでタイツを履きたくなる気持ちはわかりますが、カジュアルなアイテムなのでマナー違反です。

どうしても寒くて辛いのであれば会場まではタイツを履いていって現地でストッキングに履き替えると良いですよ!

また、黒ストッキングも厳密にはNG。

肌の色が透けて見える薄い黒ストならOKという説もありますがわたしは念のため避けます。

つま先の空いた靴、かかとのない靴

フォーマルな素材でできた靴でもつま先が空いているもの、かかとがないもの(ミュールやバックベルト付きのもの)は避けましょう。

カジュアルな素材の靴

キャンバス地のパンプスや木目のヒールなどはカジュアルな印象になるので結婚式には不向きです。

エナメルは諸説ありますが、経験上昔よりは許容されるようになってきた感じがします。

わたしは形がフォーマルであればエナメルの靴を履くこともありますね。

足元はそこまで見えないし写真にも写らないのでドレスやストッキングほどストイックにならなくても良いのかもしれません。(あくまで私見です)

ヒールが低すぎる靴

ヒールが低すぎるとカジュアルな印象になり、ドレスとも合いません。

5cm以上ヒールがあるものを選びましょう。

妊婦さんや足の不自由な方、足を怪我している方はこの限りではありません。

安全第一で歩きやすい靴を選びましょう。

ヒールがなくても華やかな素材の靴もありますよ!

革靴、革のバッグ

革製品は殺生をイメージさせるので結婚式には不向きです。

フェイクレザーは動物製品ではないですが、見た目がカジュアルすぎるので避けましょう。

ファーのボレロ

革製品同様に殺生をイメージさせるというのもありますが、ファーは毛が飛ぶのでお食事の出る席には不向きです。(フェイクファーも同様)

花嫁をイメージさせるアクセサリー

白いドレスは言うまでもなくご法度なので分かっている人も多いですが、注意すべきはアクセサリー。

  • ティアラ
  • 花の髪飾り
  • その他、白いアクセサリー

この辺は絶対絶対着けないようにしましょう!!これらは花嫁の特権です。

たとえ花嫁とかぶっていなくても一般的に花嫁が着けるものはゲストが着けてはなりません。

カジュアルなアクセサリー

以前出席した結婚式で、フォーマルなドレスに髪の毛もセットしてバッチリ・・・なのになぜか長靴のようなビニール素材のヘアアクセサリーを着けている女性を見ました。

え?なんでそれそうなった?とはてなマークが飛び交うわたしの頭の中w

アクセサリーがドレスに合うか、結婚式にふさわしいフォーマルなものかきちんとチェックしましょう。

一般的に言われている服装マナーはどの程度守るべき?

結婚式の服装マナーには諸説あります。

ある本ではOKなものが他の本ではNGだったり・・・いったいどれが正しいのか迷ってしまいますよね。

時代や式のスタイルによっても変わってくるので一概にどれが正解とは言えません。

誰からも好感を持たれるフォーマルな服装を心がけよう

わたし自身が結婚式に出席する時に気を付けるポイントは「清潔感がありフォーマルに見えるかどうか」です。

たとえば結婚式に着て行くドレスは単色で無地が基本とされていますが、ウエストのベルト部分だけ色が違うツートンカラーのドレスを着て行ったところでそんなにだらしない印象は受けませんよね。

柄だってあまり派手なものは好ましくないですが、控えめな柄であればそんなにおかしくありません。

清潔感があり、誰からも好感を持たれるであろう服装であればOKというのが持論です。

心配であればマナー本を1冊持っておいて正式なマナーに則り、周りの色々な世代の人におかしくないかチェックしてもらうと間違いないでしょう。

新郎新婦との関係性で服装を変えるのもアリ

あとこれは自分ルールなんですが、親族として出席する時には新郎新婦のお友達を引き立てるために少し地味めにします。

自分の立場が親族か友人かで服装や髪型も変えますね、自己満ですけどw

まとめ:結婚式で避けた方が良い服装

上記でご紹介した結婚式で避けた方が良い服装をおさらいしておきましょう。

  • 白や白に近い淡い色のドレス
  • 派手すぎるor地味すぎる色のドレス
  • ひざ上丈の短いドレス
  • 長すぎる丈のドレス
  • フォーマルでない洋服
  • タイツ、黒ストッキング
  • つま先の空いた靴、かかとのない靴
  • カジュアルな素材の靴
  • ヒールが低すぎる靴
  • 革靴、革のバッグ
  • ファーのボレロ
  • 花嫁をイメージさせるアクセサリー
  • カジュアルなアクセサリー

結婚式に着て行くドレスはレンタルがおすすめ

出席するメンバーがかぶっている結婚式に何度も同じドレスを着ていくのは気まずいですが、結婚式に着るようなフォーマルなドレスは高いので何着も買っていたら出費がバカになりません。

普段は着ないのに保管場所も取るし、クリーニング代だってかさみます。

その点レンタルであれば高価なドレスをお手ごろ価格で借りれるし、使用後は返却するだけなので保管場所もクリーニング代も心配無用!

ルクシュール

わたしは自分の結婚式の後、披露宴に来てくれた友達を集めて打ち上げでご飯を食べに行く時にルクシュールのレンタルドレスを着て行きました。

ちなみにこれが実際にレンタルしたドレスを着たわたし。

ギリギリまで打ち上げで着る服を探していたのですがお店では気に入るものがなく、レンタルにしようと決めたのが挙式2日前。

「今からこのドレスのこの色を借りたいのですが明日の午前着で郵送してもらえますか?」と電話したところ快く対応していただきました!

まる
まる
挙式前日の午前着で受け取ってから前泊する式場近くのホテルに向かうというバタバタぶりw

3泊4日のレンタルで5,980円+送料500円(返却時の送料は自己負担)!状態もきれいで梱包も丁寧でした。

ドレスのレンタルは余裕を持って申し込むのが基本ですが、もし翌日や翌々日に着るドレスをレンタルしたいという方がいたら是非ルクシュールに問い合わせてみることをおすすめします!(電話で在庫確認→ネットで申し込みすればOK)

ルクシュールのスタッフさん、その節はありがとうございました!

ここのドレスはとてもセンスが良くあまり見ないデザインや色もあるのでほんとにおすすめ♪

ルクシュールはよそ行きのおしゃれ着〜セミフォーマルくらいのワンピースが中心なので、カジュアルなウェディング向きです。

申し込みは以下のホームページからできます。

>>ルクシュールのホームページはこちら

おしゃれコンシャス

とにかく安くレンタルしたいという方にはこちら。

おしゃれコンシャスのレンタルドレスは2泊3日〜6泊7日まで均一料金なので、1週間借りても2,900円〜と格安。

業界No.1の商品数なので丈の長さ・袖の形・授乳OK・妊婦さんにおすすめなど様々な条件からドレスが検索できるのもポイント。

義弟の結婚式で一時帰国した時にドレス一式をレンタルしました

商品はきれいな箱に入って届きます。

ドレスや小物はひとつずつ丁寧に梱包されていました。

返送方法の詳しい案内から返送用の宅配便伝票、さらには梱包用テープ1回分まで同封してくれるきめ細やかさ!

ガムテープ持ち歩くと荷物になるので、結婚式の会場や宿泊先のホテルからドレスを返送したい人にはありがたいですね♪

全身写っている写真がないのですが、コーディネートはこんな感じ。

なかなかない濃い黄色のドレスで、派手すぎず地味すぎず誰ともかぶらず大満足でした!

>>おしゃれコンシャスのホームページはこちら
おしゃれコンシャス

おしゃれをして結婚式に出るのは新郎新婦のためでもある

結婚式の日にきれいな女性がたくさんいると会場が華やぎます。

それだけでなく、きれいに着飾ることは新郎新婦へのお祝いの気持ちを表すことにもなるのです。

お祝い事できれいなお花をもらうとうれしいですよね?

それと同じで、女性ゲストがヘアメイクをして素敵なドレスで着飾ってきてくれると当人たちはとても嬉しいんです。

今度出席する結婚式で何を着ようか迷っている人は是非レンタルドレスを利用してみてくださいね!

  ルクシュール おしゃれコンシャス
ドレスの
商品数
70着前後(セット商品含む)
※人気のため品切れ多数
3000着以上(セット商品含む)
特徴 デザインがセンス良く他のドレスとかぶりづらい。生地もしっかりしており安っぽくない GUCCI、組曲、JILLSTUARTなどハイブランドから若者に人気のブランドまで幅広く取り扱いあり。ふくさやコサージュなど細かいアイテムもレンタル可能
ドレス単品の
レンタル料金
一律5,980円 2,980円〜
お得な
セット価格
5点セット 9,980円(ドレス・羽織物・バッグ・アクセサリー2点) 3点セット 5,900円〜(ドレス・ボレロ・ネックレス)
汚損時の
保障プラン
× ○(オプション、レンタル金額の10%)
送料 500円
※8,000円以上のレンタルで送料無料
※返却時は自己負担
往復980円
※8,000円以上のレンタルで往復送料無料
レンタル期間 3泊4日 2泊3日〜6泊7日(日数にかかわらず同料金)
直前の申し込み
は可能?
前日の14:00までに申し込み(地域により異なる) 2日前の午前11:00までに申し込み
ホームページの
検索機能
★★ ★★★★★(ブランド・価格・色・おすすめシーンなど複数項目を選択して検索できる)
レンタル
申し込み
>>ルクシュールのレンタル申し込みはこちら >>おしゃれコンシャスのレンタル申し込みはこちら