• Webデザインを学びたい
  • オンラインのみのスクールを探している
  • どこのスクールにするか迷っている

今はPCとネット環境さえあれば場所を選ばず仕事ができる時代。そしてPC1つでできる仕事に必要なスキルも、同じくオンラインでどこにいても学ぶことができます。

実はわたしずっとWebデザインを学びたいと思っていたのですが、ネットでいろんなスクールを調べてもどこが良いのかわからなかったので思い切って無料体験レッスンを受けました。

TechAcademyとCodeCamp、大手2社の体験レッスンを受けた感想とそれぞれの特色をご紹介しますね!

まるまる

Webデザインを勉強したい人は参考にしてね♪

スポンサーリンク



まずは自分の条件に合う大手2社を絞り込み

Webデザインを勉強できるスクールといってもたくさんあるので、自分の条件に合うところを絞り込みました。

  • 完全オンライン、通学なし(海外在住で通学できないため)
  • 講師が現役のエンジニア

この2つの条件は絶対!と思って探した結果、TechAcademyとCodeCampの無料体験レッスンを受けることにしました。

無料体験レッスンの準備

オンラインで無料体験レッスンを受ける場合、いくつか用意しておくものがあります。

絶対に必要なもの
  • PC(スマホでは受講不可)
  • ネット環境
  • メールアドレス
  • Google Chrome
  • マイク(PCに内蔵されている場合不要)
あると便利なもの
  • カメラ(顔出ししなくてOKな場合もありますが念のため)
  • ヘッドホンかイヤホン

ブラウザは通常Google Chromeを使うので、PCに入っていない人はあらかじめインストールしておきましょう。

その他ハングアウトやappear.inなどのビデオ通話ツールのダウンロードを指示されることがあるので、申し込み後の案内に従ってくださいね!

TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験レッスン

わたしは元々ブログ運営に必要な知識を得るためにTechAcademyのブログを読んでおり、その流れでメルマガ登録していました。そのメルマガに無料プログラミング体験の案内がよく来ていて気になっていたのもありまずはTechAcademyの無料体験を受けることに。

  • これは1回限りの「無料オンラインプログラミング体験会」というものです。1週間コースを体験できる「ブートキャンプ プログラミング無料体験」ではありません。

申し込みするとアカウントを作ってくれるのでマイページにログインし、そこにあるエディタを使って体験レッスンを行います。

ちなみにマイページは暗めでスタイリッシュな印象。パスワードはTechAcademyから指定されたもので、変更はできません。

内容

講師1人、受講者は20〜25人くらいいたと思います。「appear.in」というスカイプのようなビデオ通話ツールを使用し、時間は40分間。

内容は簡単なJavaScriptの演習でした。基本となるソースコードはマイページ内に用意されており、講師の説明の後に自分でソースコードを書き換えて

  • 「晴れ」と表示されているのを「雨」に変える
  • if文を使って「降水確率が◯◯%以下なら晴れと表示する

といった感じです。

良かったところ

  • 無料体験は集団レッスンなので、ほぼどの日程でも予約が取れる
  • 講師の方の言葉遣いが丁寧で、質問にもわかりやすく答えてくれた
  • 無料体験用の教材が難しすぎずちょうど良い内容

内容はごくごく簡単でわからない時はappear.in上のチャットで質問すれば答えてもらえるので、プログラミング初心者にもやさしいレッスンだったと思います。

残念だったところ

  • 講師の方の喋りがゆっくりすぎて時間が押してしまった
  • 集団レッスンなのでテレビ電話の接続がうまくできない人がいると待たされる
  • 20人ほど同時受講だったので個人的に質問する時間がなかった
  • 無料体験の内容が一律なので自分の興味のあるコースの内容を体験することができない

講師の方はとても物腰柔らかで丁寧に話す方でしたが、喋るのがゆっくりすぎて時間が押してしまいました。開始の段階で接続がうまくいかない人を待っていたのもあり、本来40分のレッスンだったのに実際は1時間以上かかってしまいましたからね。

定刻に終わる保証がないので、無料体験後には予定を入れない方が良いです。

一番残念だった点は、TechAcademyの無料体験は内容が一律なので自分の興味あるコースの内容を体験できないこと。わたしはWebデザイン希望でしたが、Webデザインのコースの無料体験というのはないんですよね。

まるまる

かといって集団レッスンなので無料体験の内容に関係ないwebデザインに関する質問なんてできる雰囲気じゃないww

webデザインでもJavaScriptなどのプログラミング言語を使うこともあるので無駄ではないんですがね・・・。

無料体験レッスンを受けた人は無料メンタリングも1回受けられる

また、TechAcademyの無料体験レッスンを受けた人はその後無料メンタリング(25分間)を受けることができます。これは先述の無料体験レッスンとは異なりマンツーマンなので、

  • Webデザインに関すること
  • プログラミングに関すること
  • 学習後の転職やフリーランスでの仕事の仕方

などなど何でも自由に質問できます。もちろんメンターは現役エンジニア!というわけでわたしもこのチャンスを活かし、意気揚々と無料メンタリングに臨みました。

が、これがまた酷かった・・・。担当のメンターさんは知識は豊富で質問には詳しく答えてくれたものの、ニコリともせずものすごく機械的な対応でした。なんというか、一言で言うと「この人には着いて行きたくない」という感じ。

無料メンタリング終了後にマイページに届いていたメッセージも当たり障りのない無機質な文章でした。

本日はありがとうございました。ご案内いたしました内容をご参考に検討していただければと思います。また何かご質問等ございましたらサポートの方にいつでもご連絡ください。よろしくお願いいたします。
まるまる

毎回コピペしてたりしてw

もちろんすべてのメンターさんがそうではないのだと思いますが、無料メンタリングは言ってみればコースの入り口とか看板みたいなものですよね。なので、そこでの担当メンターさんの対応が悪ければTechAcademyに対して不安が生じるのも当然です。

また、無料メンタリング終了後1週間経つとマイページにログインはできるものの見れるのは前述のメッセージのみでエディタも使えなくなります。無料体験レッスンで使った案内資料も見れなくなります。

というわけで、全体的にはちょっと物足りない感じの印象でしたが、まぁそれも無料体験を受けたからこそわかったことなので大きな収穫でした。もしかしたらTechAcademyがぴったり合う人もいるかもしれないし。みなさんもまずは無料体験レッスンを受けて検討してみてくださいね!

>>TechAcademyの無料体験レッスンを受けてみる
※無料体験レッスン受講でAmazonギフト券500円分がもらえます!

CodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスン

TechAcademyの無料体験レッスンでピンとこなかったので、次にCodeCampの無料体験を受けることにしました。結論から言うとわたしはCodeCampのコースを受講することになったのですが、ここで無料体験レッスン時の様子を詳しくレポートしますね!

CodeCampもTechAcademy同様、無料体験に申し込むとアカウントを作ってくれるのでマイページにログインし、そこにあるエディタを使うことができます。

まるまる

CodeCampのマイページはパスワードを自分で設定できるほか、Google・Facebook・Twitter・Yahooのアカウントでもログインできるので便利!

テレビ電話はGoogleのハングアウトというアプリを使います。

ページの色やレイアウトも明るくて温かみがある感じです。個人的に見てて気分がアガるサイトかどうかってモチベーションに直結するのですごい大事なんですよねw

しかもコース申し込み前からHTML/CSSの教科書の0章〜3章まで(たしか)は無料で閲覧可能!!実際の教材を見ることができるのでかなり安心感があります。

あ、ちなみにCodeCampでは先生のことを講師と呼びます。TechAcademyではメンターでしたが。実際呼ぶ時は「◯◯せんせい」ですがw

内容

無料体験レッスンの予約が完了すると事務局からこんな感じでメールが届きます。↓

■体験レッスンについて
1.自分に合ったコースや学習方法について相談できます
2.スキルアップ、転職、独立フリーランス等、目的に合わせた学習内容をご提案します
3.無理のない学習スケジュールや時間割について相談できます
4.CodeCampでの効率のいい学習の進め方をご案内します

また、マイページ内に担当講師からメッセージが届いていました。

はじめまして。CodeCamp講師の◯◯と申します。
体験レッスンで使用します「資料」を事前共有させていただきます。
「資料リンク(URLをコピー&ペーストをした上でご確認ください。)」 https://▲▲▲▲▲▲▲▲▲
お時間になりましたら出席処理を行っていただくことで、ハングアウトへご入室いただけますので、本日は、どうぞよろしくお願い致します。
まるまる

丁寧な案内があると緊張がほぐれるからありがたいよね♪

良かったところ

  • 講師の方がとても感じが良い
  • 無料体験前に受けたいコースを指定できる(それに合わせた体験レッスンをしてもらえる)
  • マンツーマンなので気になることをなんでも質問できる
  • 通常レッスンと同様40分間
  • レッスン前後の事務局と講師からの連絡がマメで安心できる

TechAcademyの無料体験レッスンでは希望コース関係なく集団で一律JavaScriptの演習でしたし、無料メンタリングは25分間しかなかったので正直物足りなかったです。

対するCodeCampは通常レッスン(5,000円相当!)と同じ40分間のマンツーマンレッスンが何と無料。お得すぎて申し訳ないくらいなんですがw

担当講師もとてもやさしく感じの良い方で、CodeCampのイメージがすごく良くなりました!

まるまる

実際コース始まってからもこの時の先生は何度か指名してレッスン受けたよ♪

残念だったところ

正直言って、無料体験レッスンの時点で特に不満はありませんでした!(のちにコースが始まると色々と気になるところも出てくるんですがw)

なのでとにかく無料体験受けてみてください!

CodeCampの無料体験レッスンはマンツーマンですし、時間も通常のレッスンと同じ40分間なので聞きたいことをたっぷり聞くことができます!

コースが始まってからだと教科書の内容を質問するのにいっぱいいっぱいでゆっくり進路相談などする時間が取りにくいので、無料体験レッスン前には聞きたいことをリストアップして聞けるだけ聞いた方がいいです!!

実際に無料体験し、コースも受講したわたしだから自信を持っておすすめします!!

>>CodeCampの無料体験レッスンを受けてみる
※通常レッスン1回分(5000円相当)と同等

webデザインコースのカリキュラム比較

実際のコースにはどのような内容が含まれているのか比較してみましょう。

 TechAcademyCodeCamp
HTML5/CSS3
JavaScript/JQuery
Git/GitHub
Bootstrap
Photoshop
Illustrator
Webデザインの原則
ワイヤーフレーム

CodeCampはアプリ名でカリキュラムが書かれているのでわかりやすいですね。Illustratorが学べるのもわたしがCodeCampを選んだ理由の1つです。

TechAcademyはレッスンは週2回ですが、CodeCampでは好きな時に好きなだけレッスンを入れられます。強制力が欲しいか自由に予定を組みたいかでどちらが良いか変わってきますね。

また、TechAcademyは担任制ですがCodeCampはレッスン予約の度に講師を指名する方式です。自分に合う先生を探したかったのと、色々な先生に習ってみたい気持ちがあったのでこれはCodeCampを選ぶ決め手となりました。

webデザインコースの料金比較

無料体験でスクールの雰囲気を見るのももちろん大事ですが、いざコース契約となった時に気になるのは料金。2社を比較してみましょう。コース期間がTechAcademyは週単位、CodeCampは月単位なのでちょっと比較しづらいですがこんな感じです。

◆TechAcademy Webデザインコース◆

コース期間4週間
(28日)
8週間
(56日)
12週間
(84日)
16週間
(112日)
料金(社会人)129,000円179,000円229,000円279,000円
料金(学生)89,000円119,000円149,000円179,000円
レッスン時間30分30分30分30分
レッスン回数7回15回23回31回
チャット
サポート
(15〜23時)
無制限無制限無制限無制限
学習時間目安
(週)
20〜40時間10〜20時間7〜14時間5〜10時間

◆CodeCamp デザインマスターコース◆

コース期間2ヶ月
(60日)
4ヶ月
(120日)
6ヶ月
(180日)
料金148,000円248,000円298,000円
レッスン時間40分40分40分
レッスン回数20回40回60回
チャットサポートなしなしなし
学習時間目安(週)20〜25時間10〜15時間5〜10時間

TechAcademyは学生料金がありかなり安いので、学生さんには魅力的ですね!また、8時間限定ですがチャットですぐに質問の回答を得られるのはちょっとわからないことがある時に便利そうです。

わたしは社会人で2ヶ月くらい短期集中で勉強したいと考えていました。海外在住で時差があるためTechAcademyでは日本時間15:00以降しかレッスンが受けられないのは不便なのと、レッスン時間や回数などを比較した結果CodeCampの方がお得なのでそちらに決めました♪

まずは無料体験レッスンを受けてみて自分に合うスクールを探そう

どこのスクールでも無料体験レッスンを受けるのって少し勇気がいると思います。でもやっぱり実際の講師の方の教え方やレッスンの流れを見ないとピンとこないので、体験レッスンを受けてみて比較するのが一番ですよ!

個人的にはCodeCampものすごくおすすめなので、気になる方は是非無料体験受けてみてください!

 TechAcademyCodeCamp
形式集団マンツーマン
時間60分間(無料体験後の
個別メンタリング
は25分)
40分間
内容JavaScriptの演習受けたいコースごとに学習の進め方や修了後の進路について相談できる
コース契約前の
教材閲覧
不可可(一部)
無料体験の資料と
マイページ閲覧
無料体験レッスン後
1週間後まで可能
ずっと可能
無料体験レッスン
受講者特典
1週間以内のコース申し込みで10,000円OFF(学生は5,000円OFF)1週間以内のコース申し込みで10,000円OFF
お申し込みはこちら>>TechAcademyの無料体験レッスン>>CodeCampの無料体験レッスン
※5000円相当
まるまる

おうちでちゃちゃっとスキルアップしちゃおう♪