語学

産経オンライン英会話の口コミって本当?教育ISO認証取得の講師や教材の質は?無料体験レッスンをレビューします!

産経オンライン英会話はフジサンケイグループが運営するオンライン英会話スクール。

オンライン英会話のみならず、キャビンアテンダントの英語面接対策やフィリピン留学手配など幅広いサービスが充実しているのが強みです。

またレッスン単価161円~と非常にコスパが良く、急いで英語を習得したい人には2〜3ヶ月の短期集中プログラムもあります。

だけど、産経オンラインの口コミを見ると良い口コミ、悪い口コミがあって迷っている、無料体験レッスンに申し込みたいけど不安という人のために、実際に無料体験レッスンを受けてネットの口コミを検証してみました。

素直な感想をレビューしているのでぜひ参考にしてください!

\ 2回の無料体験レッスン /

産経オンライン無料体験レッスン予約

レッスン単価161円〜のお得なプラン

産経オンラインについて

その前に、まずは産経オンラインについて簡単に見てみましょう。

無料体験レビューだけ見たい人はこちらをクリック→無料体験レビュー

  • レッスン対応時間:5:00〜深夜1:00
  • 講師:フィリピン人
  • レッスン時間:25分/回
  • レッスン予約:30分前まで
  • ビデオ通話ツール:Skype
  • 無料体験レッスン:2回
料金プラン
  • 毎日プラン:25分:6,090円、50分(2レッスン/日):9,981円
  • 週末毎日50分プラン:6,090円(金土日のみ、2レッスン/日)
  • 大学入試外部検定*試験対応:10,175円(1〜4レッスン/日、1ヶ⽉の最⼤レッスン数は31回)

*TEAP・GTEC CBT・英検・TOEFL®・TOEIC® L&R TESTなどのスコアを提示することで大学入試の英語試験が免除になったり点数が加算される制度
※価格は税込です

月額プランにプラスできるオプションサービスがある

上記のプランにプラスでオプションサービスを追加することもできます。

短期集中の初心者脱出プログラム(2〜3ヶ月)

産経オンラインでは英会話初心者向けに短期集中でスピーキング力を上げるプログラムを提供しています。毎月2回(1日・15日)に開講。

プログラムはレベル別に2種類あり、週7時間以上勉強時間を確保できる人なら誰でも参加OK。

初心者レベル→25分英語で会話できるようになるのを目指します。

  ライト スタンダード
受講方法 オンライン
講師 英会話レッスン:フィリピン人
カウンセリング等:日本人コンサルタント
対象 TOEIC400〜550点程度
挨拶・簡単な会話ができる
TOEIC400点以下
超初心者
英語学習にブランクがある
受講期間 2ヶ月 3ヶ月
初回カウンセリング
オリジナル
学習プラン
進捗チェック
カウンセリング
(週1回)
7回 11回
レベルチェック
テスト
2回
アプリでの質問 無制限
おすすめ講師
の紹介
成長実感保証
料金 82,500円 107,800円
通常プラン料金
(25分プランの場合)
12,180円 18,270円
合計料金 94,680円 126,070円

こんな人におすすめ
  • 日本語で質問、サポートを受けたい人
  • 独学で挫折した経験がある人
  • 短期で英会話の基礎固めをしたい人

まずはレベルチェックテスト・初回カウンセリングを実施し、日本人コンサルタントがあなただけのオリジナル学習プランを作成。

英文法・英語構文・英単語といった基礎学習をしながらフィリピン人講師とのオンラインレッスンを受講します。

おすすめ講師を教えてもらえ、日本人コンサルタントとフィリピン人講師の間で情報共有をしてくれるのでより効果的にレッスンを受けられる

その後も週1回の進捗カウンセリングで学習の進捗や悩みをチェック、必要に応じて学習プランを修正し目標達成まで導いてくれるので挫折の心配はありません。

カウンセリング以外でもアプリ(Studyplus)で質問が無制限にできるので、疑問をすぐに解消し学習に集中できます。

詳しいプログラム内容は以下のリンクからチェック!
>>短期集中プログラムの詳細を見てみる

料金が高めなのでもしこれで成果が出なかったら心配・・・という方もご安心を!

このプログラムでは「成長実感保障」があり、万が一英語力アップにつながらなかった場合1ヶ月間無料で延長できます。

  • 日本人コンサルタントから出されるすべての課題を予定通りに実施
  • 月間20回以上のオンライン英会話受講
  • すべての進捗チェックセッション(ライト7回、スタンダード11回)に出席

以上のすべての条件を満たしているにもかかわらず「最終のレベルチェックテストでCASEC SPEAKINGの指標が一つも伸びなかった場合」が保障対象です。

オンライン無料相談(30分)があるので、まずは気軽に受けてみましょう!

日本人コンサルタントによるオーダーメイドセッション

初心者でまったく英語が話せない人はフィリピン人講師のレッスンでも講師の言うことをなかなか理解できず自信を失ってしまうこともありますよね。

そんな時に心強いのがオーダーメイドセッション。日本人コンサルタントが担当するので気軽に日本語で相談・質問できるほか、英会話レッスンとして利用することも可能です。

料金は25分3,300円(税込)。少し高めなので、フィリピン人講師とのレッスンでわからなかったところをメモしておいてオーダーメイドセッションでまとめて質問、という使い方をするのがおすすめです。

こんな人におすすめ
  • 日本語を交えた英会話レッスンを受けたい人
  • フィリピン人講師のレッスンでわからないところを日本語で質問したい人
  • おすすめ教材や英語学習のコツを教えてほしい人

劇的英語⾯接道場

劇的英語面接道場は、外資系企業などで英語面接を受ける予定がある人のための面接対策コースです。

英語面接用のオリジナル教材では頻出質問や要注意質問を網羅。各質問の意図のわかりやすい解説や、どのように答えると印象が良くなるかといったアドバイスももらえます。

この教材を使い、フィリピン人講師と面接試験シミュレーションのレッスンを7回実施。繰り返し練習するので、本番の面接試験で緊張しなくなります。

以下のものが含まれて6,600円(税込)というお値打ち価格!

  • 坂本直⽂監修『7つの英語⾯接対策』解説付きオリジナル教材
  • オリジナル教材を⽤いた、英語⾯接対策コース7レッスン

このオプションでは1日の予約数が無制限なので、1日で7レッスンすべて受けてもOK。面接まで時間がない時でも利用可能です。

こんな人におすすめ
  • 外資系企業や海外就職など、英語での就職面接の予定がある人

\ 2回の無料体験レッスン /

産経オンライン無料体験レッスン予約

レッスン単価161円〜のお得なプラン

オンライン英会話以外のサービスも充実

産経オンラインのユニークなところはオンライン英会話以外にも英語に悩む人へのサービス提供を行っているところ。

上記のオプションサービスは通常の月額プランに加えて申し込むものですが、以下の3つはオンライン英会話を申し込まなくても単体で利用可能です。

メールライティング講座(Eラーニング+添削)

メールライティング講座では、より自然で伝わりやすい英語を書けるようにするトレーニングを実施。レベルや目的に応じた5つのコースから選べます。

  • ビジネスライティングへの入門(TOEIC 400点以下)
  • ビジネスライティングの基本1(TOEIC 400点以上)
  • ビジネスライティングの基本2*(TOEIC 400点以上)
  • 日常的なビジネスメール(TOEIC 450点以上)
  • 儀礼的なビジネスメール(TOEIC 450点以上)

*ビジネスライティングの基本1を修了後受講可能

各コースの期間は2ヶ月で、コースには以下のものが含まれます。

  • Eラーニング30ユニット(1ユニットあたり30分~1時間程度)
  • ネイティブのビジネス文書校正者による添削(6回)

Eラーニングなので、24時間いつでも学習可能。

意外と英文法が得意な人でも実際のメールなどで使う表現や文章構成が身についておらず、間違ってはいないんだけど不自然で読みにくい文章を書きがちなんですよね。

熟練したネイティブの英文校正者が添削し、あなたの書いた英文をよりスムーズで伝わりやすく直してくれます。

こんな人におすすめ
  • クライアントへの英文メールを素早く書けるようになりたい人
  • より伝わりやすく効果的な英語プレゼン資料を作れるようになりたい人

語学留学(フィリピン)の手配

英語圏への語学留学をしたくても費用の面で諦めている人におすすめなのがフィリピン留学。

フィリピンでは英語が公用語となっており、アメリカ・イギリスに次ぐ世界第3位の英語圏です。

フィリピンは物価・賃金が安いため欧米の半額以下で留学を実現できます。その他にもフィリピン留学にはメリットがたくさん。

  • 4週間までの短期留学はビザ不要
  • 日本との時差は1時間
  • 日本から近いので航空券も安い

産経オンラインはセブ島の日系語学学校「SMEAG GLOBAL EDUCATION」と提携しており、1日8時間の授業のうち4〜6時間はマンツーマンという贅沢な英会話レッスンが受けられます。

  • セブ島にある日系の英語学校で最大手
  • 日本人シェフの作る日本食中心の食事付き(三食)
  • スパルタ式やリゾート満喫プランも選べる

無料のオンライン留学相談も実施しているので、気軽に受けてみましょう。

留学前の1ヶ月はオンライン英会話で渡航準備のためのレッスンを行うので、気持ちに余裕を持って留学生活を始められますよ!

こんな人におすすめ
  • お金をかけずに語学留学したい人
  • リゾート地で勉強も観光もたっぷり味わいたい人

キャビンアテンダント⾯接突破対策プログラム

このプログラムではキャビンアテンダントを目指す人のための英語面接対策をします。

開発者の田口倫子さんは中途採用でJALとANAにダブル合格。

JALでのキャビンアテンダント経験を経て大手教育会社にてCA講座を立ち上げ、実績ゼロの初年度に16名も合格者を輩出した実績があります。

このプログラムは学生・社会人でキャビンアテンダントを目指す人の面接対策を行いますが、地上スタッフ希望者も対象です。

  • オンライン英会話:毎日25分×3ヶ月
  • 初回カウンセリング:1回(日本人CA経験者)
  • カウンセリングを基に作成したオリジナル学習アドバイスシート:1回
  • 英語面接対策特訓:5回(外国人講師・日本人講師との三者面接)
  • 英語面接対策特訓終了後の特製アドバイスシート:5回

オプション:自己PR英文添削アドバイス、日本語面接対策特訓

受講期間は3ヶ月、料金は99,000円 (税込)。1日あたりわずか1,080円の自己投資です。

まる
まる
飲み会と外食をやめれば捻出できるよ!

英語面接対策だけでなく接遇やCAになる心構えなども学べる充実のプログラムです。

こちらは無料でオンライン相談や資料請求ができます。

こんな人におすすめ
  • CAの受験対策スクールに通うお金がない
  • エアライン受験することを誰にも知られずに対策したい
  • 中途でエアラインを受けたいけどスクールに通う時間がない

自己学習アプリ「Aispeak」が無料で利用可能

個人的に気に入ってるのがこれ。産経オンラインの発音学習アプリ「Aispeak」では以下の3つの機能が使えます。

  • 発音テスト
  • シャドーイング
  • ディクテーション

日常英会話・ビジネス英会話それぞれ初級〜中上級までレベル別に対応しているので、レッスン以外でもリスニングやスピーキングの練習をしたい人にとても便利です。

発音テストでは試しに本気の発音>ちょっとブロークン>カタカナ英語Japanglishを全部試してみましたがちゃんと発音レベルに応じた結果が出たので正確に判定してくれてると思います。

産経オンラインの口コミ

こちらは産経オンラインを受講した人の生の声です。

良い口コミ

男性の口コミ
男性の口コミ
講師が柔軟に対応してくれ、意味が分からない単語でまったく答えられなくても答えられるように工夫してくれてとても安心感がありました。
(10代後半・男性 英語レベル:初心者)
女性の口コミ
女性の口コミ

テキストには様々な例が載っているので色々なフレーズを覚えられます。ここで練習すればすぐに使えて実践的なのでいいと思います。

(20代後半・女性 英語レベル:中級)

女性の口コミ
女性の口コミ

講師がとてもプロフェッショナルな印象を受けました。スタッフおすすめの講師のレッスンを受講しましたが、とても優しく、明るく、仕事にプライドを持っている感じです。

細かい点もさりげなく教えてくれ、こちらが詰まっても言葉が出るまでじっくり待ってくれたりして英語を話すことに自信が持てるレッスン展開をしてくれました。

(30代後半・女性 英語レベル:中上級)

悪い口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ

すごく冷たい講師に当たりました。こちらが自己紹介している最中もタイピングをしながら聞いていて相槌も適当。何か少しでも間違えると「No」と強く言われ、間違えるのが怖くなり萎縮してしまいました。挙げ句の果てには「Are you sleeping?」と聞いてくる始末。本当にがっかりです。

(20代後半・女性 英語レベル:中級)

男性の口コミ
男性の口コミ

講師のレベルが低過ぎます。正直、受講生の私よりスピーキングが拙い上に文法間違いのある講師が多いです。

たとえば「〜 is scheduled for Friday (〜は金曜日に予定されている)」という文を「〜 will be scheduled on Friday」と直されたり(それだと「金曜日になったら予定を立てる」という意味になる)。

レッスン後のフィードバックではこんなレベルの文法間違いが数えきれないぐらい送られてきます。中には明らかに「こっちの言ったことを聞き取れてないよね?」というレベルの的外れなフィードバックが返ってくることも。

発音もかなりひどい講師がいました。実力のない講師ほど判で押したように「LとRの発音に注意するように」と言ってきます。理由を聞くと「日本人はLとRの発音が苦手だから」と。私個人に対するフィードバックじゃないんですよね。

産経オンラインではCASECというスピーキングテストも売りにしていますが、そもそもそのテストを実施出来る上級レベルの講師がいません。教材のレベルもCEFR B2止まりですし、やる気のなさがありありと出たスクールです。

(40代前半・男性 英語レベル:中上級)

男性の口コミ
男性の口コミ

講師は国際情勢に疎く、薄っぺらい会話しかできませんでした。私の方がレベルが上だったと思います。初心者は良いのかもしれませんが、中級者以上には物足りないと思います。

(40代後半・男性 英語レベル:上級)

公式サイトの受講生の声

上記の口コミは口コミサイトのものを参考にしましたが、産経オンラインの公式サイトの受講生の声もご紹介しますね!

私は今年に入り、塾の講師をするようになり、小中高生に英語を教えていますが、オンライン講師の先生方の中には、実際教員の御経験者もいらっしゃいますので、私自身が講師としてぶちあたった問題等を、相談させていただき、多くのアドバイスをいただくことがあります。

現在、10名程度お気に入り講師登録をさせていただいておりますが、レッスン後のレポートにもそれぞれ工夫がなされており、こちらも先生毎に、事前準備、事後復習型でレッスンに臨む先生、その場でテーマを提示し、即興対応型での先生等、色分けをしながら、飽きることなく、1年半学習を継続しています。

(河野 慶子さん)

産経オンライン英会話で学習をしていくうちに、英語を使って表現したいことを少しは話せるようになった。初めは先生にお願いしゆっくり話して頂いたが、今は少し早くても聞き取れるようになった。また、退職後の新たな挑戦ができた。(外国クルーズ船の入港時の通訳ボランティア)

そして今まで何とか行っていた海外への個人旅行も 産経オンライン英会話を受けてから、いく先々での出会いに緊張感なく、むしろ聞いたり伝えたりする事を楽しめるようになりました。これも、少しの時間ながら毎日外国の方と触れあっているオンライン英語の効果と言えるでしょう。

五輪も近いので、産経オンライン英会話で学んだことを活かして、通訳ボランティアができればいいですね。

(杉山 静子さん)

10年前から週1回のマンツーマンの英会話や、CD等の英会話教材を使用してきました。アメリカへの語学留学もして、学会発表も英語でしてきたのですが、1年半前の国際学会でnativeの方から早口で質問を受けた時に頭が真っ白になってしまい、自分が思っていた以上に会話ができない事がわかりました。

毎日英語で考え、話すのが一番良いと思った時に知ったのがオンライン英会話です。いくつかの会社がありましたが、やはり大手の産経が運営している所の方が安心だと思い、産経オンライン英会話を選びました。現在まで1年半、続けているのは、効果を実感しているのが一番の理由です。

良い先生が多く、産経オンライン英会話のスタッフの対応やシステム(先生とコンタクトが取れない時など)がきちんとしているから余計に安心して続けられるのだと思います。今後もさらにこのオンライン英会話レッスンを通じて英語が上達するよう活用して行きたいと思います。

産経オンライン英会話でオンライン英会話学習を始めた最初の頃をふり返って、実感している変化としては、先生と会話をしている間に、日本語で考える時間が少なくなった事、以前より英語での会話が続くようになった事、nativeの発音のrとl,vとb等が区別がつくようになった事は効果として実感しております。

(Miki Fujiiさん)

こういった口コミがありますが、実際はどうなんでしょう?気になりますよね?

百聞は一見に如かずなので、わたし自ら無料体験レッスンを受けてみました!

産経オンラインの無料体験レッスンを受けてみた

というわけで産経オンラインの無料体験レッスンを赤裸々にレポしちゃおうと思います♪

無料体験レッスン1回目:Catherine先生(フィリピン)

  • ビデオ通話環境:Macbook Air+Skype
  • 通話品質:講師の映像が動かずこちらの声が講師に聞こえない→再コール後は映像も音声もクリアだがずっと雑音が入ってた

産経オンラインではレベルチェックがなく、いきなりテキストやフリートークでのレッスンとなります。(レッスン後のフィードバックでおすすめの教材レベルは教えてくれる)

予約時にたくさんの講師の自己紹介音声を聴いてみて、それなりに音質が良く英語もきれいめの先生を選んだ結果Catherine先生にしました。

33歳の女性の先生で専攻は英語学と教育学、おまけに講師歴が11年11ヶ月とめちゃくちゃ長いので期待してました。

レッスン内容

教材は「職業別英会話 レストラン」の「Lesson18 食べ物の好みやアレルギーについて話す」を選択。

が!時間になっても先生からは音沙汰なし。

連絡がつかない場合こちらからもコールできます。

PCの調子が悪かったとのことで4分遅れでコールが来たのですが、遅れたにもかかわらず17分もダラダラ自己紹介や雑談に費やされました。。

なかなか会話を遮れず、やっとこさ「教材の内容やりません?」と持ちかけたら「あぁごめん」みたいな感じでもう完全に教える気ないよね?というテンション。

この時点で残り時間4分・・・結局5分延長になりましたが、それでも25分のレッスン中たったの9分しか教材の内容をできず半分しか終わりませんでした。

教材は会話文や単語を音読するだけなので正直何の意味もなかったですね。本当に残念。

おまけに先生は文法間違いが多く、本当に12年近くも英語教えてるの?と甚だ疑問です。

レッスンの感想

あらゆるオンライン英会話を体験してきましたが、正直一番残念な先生でした。

まず英語力が明らかに低い。発音・アクセントのフィリピン訛りが強いだけでなく、中1レベルの英文法まで間違える始末。。

まる
まる
I don’t knowって言ったらMe tooって返された・・・否定文ではMe eitherだよ・・・

また、見るからにやる気がなさそうな感じで時間に遅れたのにずっとダラダラ自己紹介や雑談をしており、こちらが「テキストの内容をやりませんか?」と言うまでまったく動きませんでした。

会話のキャッチボールも下手、ほとんどこちらに質問を投げてくれずレッスンの進め方もスムーズでなかったですね。

レッスン後のフィードバックもめちゃくちゃでした。「あなたはこう言ってたけど正しくはこうよ」という風に詳しく書いてくれるのはいいんですが、そもそもわたしが発した英語とは違うことが書いてあったんですよね・・・聞き取れてないのかな?

You said: My parents law in ◯◯. ←実際は「My parents-in-law are in ◯◯.」と言った
BETTER: My parents in law is living in ◯◯. ←parents-in-lawとハイフンが入ってないし、複数形なので本来はareになる

You said: Not yet ←実際は「Not at the moment.」と言った
BETTER: No, I dont have any questions. ←don’tのアポストロフィーが抜けてる

このフィードバックは英語の先生としてはありえないレベル・・・産経オンラインの講師の採用基準はどうなってるんでしょう?

講師採用率1.2%、教育ISO認証を2つ取得しててこのクオリティはちょっと信じられないです。

あとあまりにひどかったのでレッスン後にCatherine先生のプロフィールを見直したら、講師歴が11年11ヶ月と書いてあるのに職歴が「2017年8月~2019年6月 教職」しか書いてないんですよね。このプロフィール本当なのかな?と疑ってしまいました。。

無料体験レッスン2回目:May先生(フィリピン)

  • ビデオ通話環境:Macbook Air+Skype
  • 通話品質:映像も音声もクリア

May先生は26歳の女性で、講師歴は1年6ヶ月。自己紹介音声を聞いたら音質が良かったので選びました。

フィリピンはネット回線の問題なのか通話品質が悪いことが多いので、自己紹介音声で雑音や音割れがひどい先生は避けましょう。

自己紹介音声よりも実際の通話品質が悪いことはよくありますが良いことはまずないので、なるべく音質の良い先生を選ぶべし

レッスンの最初に「無料体験レッスン初めてだよね!?」と聞かれましたが、2回目です・・・講師間での引き継ぎがされてないのかなという印象を持ちましたw

レッスン内容

教材は「職業別英会話 小売店」の「Lesson 4 日本のお土産を英語で説明する」を選択。

会話文や単語を音読した後「質問ある?」と聞かれたのですが、試しに本当は理解してることを質問してみました。(意地悪w)

が、先生が的確に答えられなかったんですよね。

used for 〜に使われる
used to 〜に使う

まる:ボキャブラリーのところに似たようなものが2つありますが違いはなんですか?

先生:えっと・・・(しばらく考える)used forはたとえばused for cookingみたいな感じで、used to 〜は過去のことを言う時に使うのよ。

まる:日本語訳には似たような意味が書いてあるのでこれは「過去の意味のused to」じゃなくてusefulとかuselessのuseだと思うんですけど・・・。

先生:あぁそうね!

まる:used forの後ろは名詞で、used toの後ろは動詞なんじゃないんですか?

先生:そうそう!

これは先生の英語力の問題に加えテキストの内容を講師に教育してないのではないかと思いました。

英語って同じ語句でも違う意味を持つことがあるので、「このテキストのこの語句はこういう意味」というのを把握していないと正しく教えられないですよね。

レッスンの感想

May先生は会話していると発音・アクセントのフィリピン訛りがかなり強くてFの発音ができずフィリピンをピリピンと言ってましたw

あとなぜか日本人のカタカナ英語のような癖も。日本人受講生の癖が移った?w

Don’t worry → ドントウォリ
Thank you → テンキュー
When → フェン

ただ、テキストの読み上げは得意なようでとてもきれいな英語でしたね。

まる
まる
「Ma’am」が口癖なのか、話しながらやたら発してたのもちょっと気になったw

文法間違いもややあり英語力はいまひとつでしたが、明るくて褒め上手なとてもやさしい先生です。

自分から自己紹介を切り上げてテキストに移ってくれたし、教える意欲はありそう。今後に期待ですね。

無料体験レッスンを受けて感じた産経オンラインのメリット・デメリット

メリット

  • オンライン英会話以外の英語学習サービスが充実
  • 自己学習アプリ「Aispeak」が無料で利用できる

最初の方でご紹介したように、産経オンライン英会話ではライティング講座や英語面接対策などのサービスが充実しています。

正直オンライン英会話のレッスン自体のクオリティが高くないので、それ単体で利用するよりもオプションサービスとの併用で効果的に利用したり、オンライン英会話以外のサービスをメインで利用するのもアリです。

また、Aispeakという自己学習アプリが無料で利用できるのも大きなポイント。特に発音の練習はなかなか自己学習しにくいのでこれはとても役に立ちます。

わたしも実際に使ってみましたが、真面目に発音すると高評価、わざと変な発音にするとちゃんと低評価になるので正確に判定してくれてると確信しました。

デメリット

  • 講師の質が低い
  • 職業別英会話の教材の完成度が低い
  • 上級者向けの教材がない

他の受講生の口コミでも講師の質の低さは多数指摘されていましたが、事実産経オンラインの講師のレベルは低いです。

レッスンで話していてもフィードバックの文章でもとにかく文法間違いが多いし、発音・アクセント面でも英語力が高いとは言えません。

まる
まる
英語力だけじゃなくやる気がなくて雑談でレッスンが終わりそうになった時はびっくりしたよ・・・

あと職業別英会話の教材がものすごく使いにくく、拡大しないと読めないほど小さい字でびっしり書いてある、余白がなくて読みにくい、誤字脱字が多いなどパッと見て「あ、無理」と思うレベルでしたね。

さらに、一体そこで何をしたら良いのかわからない問題の書き方が目立ちました。たとえば以下のような感じ。

Fill in the blanks with the words from the right.

1.__________ to cook quickly by cutting into small pieces and mixing quickly over a high heat

この文章の右に単語の選択肢が書いてあるのですが、これだと空欄に単語を当てはめて文章を完成させる穴埋め問題に見えますよね。

でも実際は「to cook quickly…」は単語の説明で、「どの単語の説明なのか右から選べ」ってことなんです。

それなら本来「____ : To cook quickly…」といった風に書かないと問題の意図がわかりませんよね。

とにかくパッと見て何をすべきかよくわからない問題が多いので、職業別英会話は使えません。テーマとしては良いんですがね。

ちなみに日常英会話、ビジネス英会話など他の教材はややレイアウトが見にくいもののそこまで使えないという印象ではありませんでした。

ただ教材のレベルが初級(CEFR A1相当)〜中上級(CEFR B2相当)までしかないので、上級者には物足りないですね。

\ 2回の無料体験レッスン /

産経オンライン無料体験レッスン予約

レッスン単価161円〜のお得なプラン

無料体験レッスン予約の流れ

それでは早速無料体験レッスンを受けてみましょう!

無料体験レッスンを受けるには

  • 産経オンライン無料会員登録
  • 無料体験レッスン予約

の2ステップが必要です。

産経オンライン無料会員登録

まずは産経オンラインの公式サイトを開き、右上の無料体験ボタンをクリックします。

氏名(漢字)・メールアドレス・パスワードを入力し青のボタンをクリック。

氏名・メールアドレスを確認し青のボタンをクリック。

確認メールが送信されるので、メールに記載のURLをクリックするとこの画面が開きます。「会員ログイン」をクリック。

メールアドレス・パスワードを入力しログイン。

マイページにログインできました。無料体験レッスンはここから予約します。

\ 2回の無料体験レッスン /

産経オンライン無料体験レッスン予約

レッスン単価161円〜のお得なプラン

無料体験レッスン予約

マイページの「レッスン予約」タブか「チケットで予約する」をクリック。

無料体験レッスンを予約する前にアンケートに答える必要があります。必要事項を選択・入力し青のボタンをクリック。

内容を確認し、青のボタンをクリックして送信。

「OK」をクリックして予約画面に進む。

条件を指定し講師を検索。対応レベル・専攻など詳しい条件は左下のボタンから指定。

希望の講師の希望の時間をクリック。

ニックネームとSkype名を登録。

ニックネームはレッスン中に講師に呼ばれたい名前を入力。基本は下の名前かイングリッシュネームです。

名前が長い人は略しましょう。(例:まさひこ→Masa、みかこ→Mika、めぐみ→Meg)

テキストレッスンかフリートークを選択し、使いたいテキストを選びます。青枠からテキストを確認し、選択したテキストの中で使いたいレッスンNo.を下の欄に記入。

レッスンNo.は赤枠で囲った数字です。

内容を確認し、青のボタンをクリックして予約完了。

「OK」をクリックしてマイページトップに戻ります。

予約が取れているか確認しましょう。

\ 2回の無料体験レッスン /

産経オンライン無料体験レッスン予約

レッスン単価161円〜のお得なプラン

まとめ:産経オンラインは英会話以外の目的別のサービスを利用したい人におすすめ

今回2回の無料体験レッスンを受けてみて、正直講師の質は高くないと感じました。

教材も見にくいので通常プランを単体で受けるメリットはそんなにないかなと思います。

  • 短期集中プログラムを利用(自分に合う講師を紹介してもらえる)
  • 劇的英語⾯接道場
  • メールライティング講座(Eラーニング+添削)
  • キャビンアテンダント⾯接突破対策プログラム

といった風に、通常のオンライン英会話にオプションをプラスしたり、オンライン英会話以外のサービスを利用するのがおすすめです。

目的別にうまく活用してみなさんの英語のゴールを目指しましょう!

短期集中で英会話の基礎力をつけたい人は無料相談がおすすめです↓

短期集中プログラムのオンライン無料相談を受ける

通常のオンライン英会話レッスンを体験してみたい人はこちらから↓

\ 2回の無料体験レッスン /

産経オンライン無料体験レッスン予約

レッスン単価161円〜のお得なプラン

無料体験レッスン記録表(ダウンロード)

オンライン英会話の無料体験レッスン記録表を作ったので、以下のボタンからダウンロードしてレッスン内容をメモするのに使ってくださいね。(A4、エクセルに直接入力してもOK)

無料体験レッスン記録表をダウンロード

英語が喋れなくてヤバいと焦ってる人必見!

今後、英語は話せて当たり前の時代になっていくでしょう。

「今から英会話なんてもう遅い」という理由で諦めている人も多いですが、実は60・70代から英語を学びなおす人だっています。

英会話を身につける方法はたくさんありますが、忙しい現代人におすすめなのは家で学べるオンライン英会話。

とはいえオンライン英会話スクールは星の数ほどあるので、どうやって選んだら良いか悩みますよね。

そこでニュージーランド在住で毎日英語を話しているわたしが、人気のオンライン英会話スクールを徹底比較してみました!

自分にぴったりなオンライン英会話を探す

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA