転職

その仕事、妊娠しても続けられる?将来妊娠・出産したい立ち仕事の女性は早めに転職しよう!

  • 現在立ち仕事をしている
  • 将来子どもを産みたい
  • 妊娠したら今の仕事が続けられるか不安

女性ならばいつか妊娠・出産をする可能性があります。

今は結婚しても共働きが一般的なので、妊娠する時点では仕事をしている女性がほとんど。

そうすると妊娠中も今まで通り仕事ができるのか不安になりますよね。

特に体に負担の大きい立ち仕事の人は妊娠を機に辞める、おなかが大きくなったら辞めるという選択をせざるを得ないことも。

まる
まる
わたし自身ずっと立ち仕事をしてたから悩んでたんだよね〜。

立ち仕事は妊娠中の女性には負担が大きい

みなさんは今どんな仕事をしていますか?

事務仕事や座って行う作業がメインの場合は妊娠してもそのまま続けることができますが、シェフ・美容師・販売スタッフなどのサービス業、工場のライン、看護師などの医療系職種は立ち仕事がメインなので妊婦さんにはハードです。

たくさんの部署がある大手企業であれば妊娠を理由に事務職への配置転換が可能なこともありますが、シェフ・美容師など立ち仕事オンリーの職場で働く人は配置転換の選択肢がなく退職するしかないという人も少なくありません。

立ち仕事の職種は立っていること以外にも妊婦には辛いことがたくさん

こういった職種では立ち仕事である他にも、

  • ヒールの高い靴
  • 締め付けの強い制服
  • パーマ液や消毒剤などの薬剤や食べ物のにおい
  • 不規則な夜遅くまでのシフト

など、妊婦さんには負担になることがたくさんあります。

結婚式が終わったのを機に立ち仕事から転職したわたしの体験談

わたしは結婚式が終わってすぐ転職しました。

以前はずっとレストランやカフェでシェフをしていましたが、シェフは立ち仕事な上に力仕事も多く、キッチンには包丁や火など危険もいっぱい。

食べ物やゴミの臭いも入り混じっているのでつわり時期にもキツいでしょうし、正直妊娠したらとてもじゃないけど続けられる仕事ではありません。

というわけで今までのシェフ経験を活かして飲食チェーン企業のスーパーバイザーに転職しました。

<2020年1月追記>
実際その時就いた仕事は現場の応援で立ち仕事が多かったのと、遠出や泊まりの出張が多くそれこそ妊娠したらかなりの負担を伴う仕事だったので、その後別件で体調を崩したのを機に退職しました。

正社員で転職するなら妊娠する半年以上前がおすすめ

一般的に入社して1年経ってからでないと有給での産休・育休が取れません。

なので転職はできる時に、なるべく早くが吉。

ある程度仕事を覚えて会社の戦力になってから妊娠・出産した方が自分も周りも楽です。

何より妊娠すると体調を崩したり精神的に不安定になりやすいですから、そんな状態で慣れない仕事をするのは自分自身が辛いですしね。

いつ授かれるかわからないから今から子作りを始めて授かった時点で産みたいという人は、いっそパートタイムで転職して子どもが大きくなってから正社員復帰もアリですよ。

まだ結婚してなくても、今すぐ子どもが欲しくなくても早めに転職するべし

結婚前だから、結婚しているけど子どもは数年後に欲しいからまだ妊娠のことなんか考えなくていい、と思っていませんか?

いえいえ、転職から妊娠までの期間は長いに越したことはないので「いつか子ども欲しい」と思うなら早めに転職しましょう。

まる
まる
ある日突然王子様が現れてスピード婚、すぐ子ども欲しいわ〜ってこともありえるんだからw

どんなに産休・育休取得や子育てママにやさしい会社でも、入社してすぐ妊娠すると嫌な顔をされることもあります。

せっかくおめでたいことなのにそんな風に思われたら悲しいですよね。

わたしが昔いた会社では入社式の時点で既に妊娠していた大卒新入社員がいて上司からクソミソに怒られたそうですww

女性の転職面接では子どもの予定を聞かれることも

20〜30代の既婚女性が転職の面接に行くと「子どもの予定は?」と聞かれたり、ひどいと「2〜3年はこども作らないでね」と念押しされたりすることもあります。

わたしも独身時代に「彼氏いる?え、いない?本当〜?」としつこく聞かれたり、結婚後上記のスーパーバイザー職の面接に行った時「結婚してるんですか。あと2〜3年は家族が増える予定もないんですよね」と言われましたよ。。

そしてこの手のことを言う面接官って大概妊娠も出産も自分でしてない男性なのでほとほと呆れます。

まる
まる
お腹に10kgのおもりでも縛り付けてやろうかと思ったw

はっきり言ってこういうことってセクハラなので言っちゃならんのですが、こういう質問に遭いにくい若いうちに転職しておくのもひとつの手です。(こんなひどい面接官のいる会社でも実際に働く部署は自分に合っている場合もあるので)

なので「まだこどもはいいかな〜しばらくは働きたい!」と思っているうちが転職のベストタイミングなのです。

今までのキャリアを活かしてできる立ち仕事メインじゃない仕事を探す、というのは自力ではハードルが高いので、転職エージェントを利用してプロのアドバイスをもらうと良いですよ!

在職中に転職活動するなら転職エージェントの利用がおすすめ

会社を辞めたくても転職先を決めずに辞めるのは勇気が要りますよね。

それにいったん仕事を辞めてしまうとお金や心に余裕がなくなり、次の仕事を妥協して決めがちなのでおすすめしません。

ただ、在職中に転職活動をするとなると時間が限られる上、会社の人に見られたら気まずいのでハローワークや転職フェアに行くのも難しいです。

そんな時におすすめなのが転職エージェント。

自分の希望条件に合う求人を探してくれるほか、面接の予約や内定後の給与交渉・入社日の調整まで代行してくれるので無駄な時間をかけずに転職活動ができます!

転職エージェントって転職サイトとは違うの?

転職エージェントでは専門のコンサルタントさんが求人を探したり転職の相談に乗ってくれます。

転職サイトは求人や履歴書の書き方、面接のコツなどが掲載されているだけなので基本的に全部自分一人で準備しなければなりません。

転職サイトと転職エージェントの違いはこちら↓

  転職サイト 転職エージェント
求人 サイト上に掲載されている求人を見ることができる 一般公開されていない「非公開求人」も紹介してもらえる
仕事の探し方 自分で気になる求人を検索したり、プロフィールを登録してスカウトを待つことができる エージェントが自分の経歴・希望にマッチした求人を紹介してくれる
仕事に応募
する時は
自分で気になる求人に応募する。面接の予約や給与の交渉などもすべて自分で行う 面接の予約や給与の交渉などエージェントが代行してくれる。応募先企業の雰囲気を聞いたり、面接のコツなども相談に乗ってもらえる
こんな人に
おすすめ
転職活動をする時間の余裕がある人、自分のペースでゆっくり求人を探したい人 仕事が忙しく転職活動に時間を割けない人、不安なことはプロに相談したい人

おすすめの転職エージェント

転職エージェントってたくさんあってどれがいいか迷いますよね。

業界や勤務地にこだわりがないのであれば、まずは幅広い業種や地域に対応しているエージェントを利用してみるといいですよ!

リクルートエージェント

リクルートエージェントの強みは老舗・業界最大手であり求人数もNo.1であること。(総求人数は160,000件以上、そのうち約80%の120,000件は非公開求人)

老舗で大手ということで「人材紹介会社=リクルート」というイメージがありますよね。

最終的に採用を決めるのは役員など年配の人が多いため、昔からある大手の会社を通しているというだけでも評価が変わる可能性があります。

求職者本人の実力はもちろん大事ですが、企業に顔が利くエージェントを利用するのも一つの手。

実際1回不採用になった会社にリクルートエージェントのコンサルタントが交渉して別部署の採用試験を受けられることになり内定をもらったという話もあるそうです。

DODAエージェントサービス

株式会社インテリジェンスが運営するDODAは全国100,000件以上の求人を扱っています。(そのうち80,000件以上は非公開求人)

DODA限定の求人もあるため他エージェントで希望に合う求人がなかったという人は登録してコンサルタントに相談してみるといいですよ!

おすすめ転職エージェント比較

今回ご紹介したリクルートエージェントとDODAを比較してみました。どちらも全国の求人を扱っており求人数も多いのでまずは登録してみましょう!

どちらも転職支援サービスは無料なので、両方とも登録・コンサルタントと面談してみて自分に合った方を利用するのがおすすめですよ♪

  リクルートエージェント DODA
求人数 160,000件以上(うち約120,000件が非公開求人)

※2018年1月時点

100,000件以上(うち80,000件以上が非公開求人)

※2018年1月時点

求人対象地域 全国 全国
海外勤務案件の有無 438件(うち416件が非公開求人)あり。

※2018年1月時点

扱ってはいるが大半は日本国内が勤務地の案件。

※2018年1月時点

公式ホームページ リクルートエージェント
※業界No.1の求人数
DODAエージェントサービス

思い立ったが吉日。転職を考える余裕があるうちに早めに行動を

この記事を読んでくれたみなさんは少なからず「転職」の2文字が頭に浮かんでいることと思います。

でもきっと今までも「転職 立ち仕事」「妊娠中 立ち仕事」などと検索してはため息をついてきたのでしょう。

転職したいけど無理だろうな、今は仕事忙しいしもう少し先でいいや、と。

しかしそんなことを言っていてはキリがありません。

光陰矢の如し、気付いたら結婚、気付いたら妊娠していて今更転職できない・・・となってしまいますよ。ほんとに。

人生は思い立ったが吉日、この記事を最後まで読み終わったら是非行動に移してみてくださいね♪

まる
まる
お母さんになっても楽しく働こう♪
ミイダスであなたの市場価値をチェック!

ミイダスは今までの職歴を基に現在のあなたの市場価値や強みを診断できる転職アプリです。

  • 登録するだけで企業から面接確約オファーが来る
  • 7万人の転職データから自分と同じ経歴の人の転職先が知れる
  • コンピテンシー診断で強みや向いている仕事を発見

などなど転職に便利な機能が満載!

  • 会社に給与アップを交渉するための説得材料が欲しい
  • まだ転職エージェントに登録する気はないけど転職の準備をしたい
  • 転職エージェントで紹介された案件の収入が低すぎる、自分はもっと上を狙えるのでは?と思ってる

まずはミイダスで自分の市場価値をチェックしてみませんか?実は思わぬ高収入を狙えるキャリアかもしれませんよ。

ミイダスであなたの市場価値をチェック