• 現在立ち仕事をしている
  • 将来こどもを産みたい
  • 妊娠したら今の仕事が続けられるか不安


女性ならばいつか妊娠・出産をするかもしれません。


今は結婚しても共働きが一般的なので、妊娠する時点では仕事をしている女性がほとんど。そうすると妊娠中も今まで通り仕事ができるのか不安になりますよね。


特に体に負担の大きい立ち仕事の人は妊娠を機に辞める、おなかが大きくなったらやめるという選択をせざるを得ないことも。


まるまる

わたし自身ずっと立ち仕事をしてたから悩んでたんだよね〜。

スポンサーリンク



立ち仕事は妊娠中の女性には負担が大きい



みなさんは今どんな仕事をしていますか?


事務仕事や座って行う作業がメインの場合は妊娠してもそのまま続けることができますが、シェフ・美容師・販売スタッフなどのサービス業、工場のライン、看護師などの医療系職種は立ち仕事がメインなので妊婦さんにはハードです。


たくさんの部署がある大手企業であれば妊娠を理由に事務職への配置転換が可能なこともありますが、シェフ・美容師など立ち仕事オンリーの職場で働く人はそれもできず泣く泣く退職するという人も少なくありません。


こういった職種では立ち仕事である他にもハイヒールや締め付けの強い制服、パーマ液や消毒剤などの薬剤や食べ物のにおい、不規則な夜遅くまでのシフトなど体が敏感になっている妊婦さんには辛いポイントがたくさんあります。

結婚式が終わったのを機に立ち仕事から転職したわたしの体験談

わたしは結婚式が終わってすぐ転職しました。


以前はずっとレストランやカフェでシェフをしていましたが、シェフは立ち仕事な上力仕事も多く、厨房には包丁や火など危険もいっぱい。食べ物やゴミの臭いも入り混じっているのでつわり時期にもキツいでしょう。正直妊娠したらとてもじゃないけど続けられる仕事ではありません。




というわけで今までのシェフ経験を活かして飲食チェーン企業のスーパーバイザーに転職しました。


まるまる

脱・立ち仕事はもちろん、現場スタッフよりお給料も高くステップアップにもなったので大満足!

正社員で転職するなら妊娠する半年以上前にしよう

一般的に入社して1年経ってからでないと有給での産休・育休が取れませんし、仕事も覚えないうちに妊娠したら会社の負担にもなります。なので転職はできる時に、なるべく早くが吉。ある程度仕事を覚えて会社の戦力になってから妊娠・出産した方が自分も周りも楽です。


何より妊娠すると体調を崩したり精神的に不安定になりやすいですから、そんな状態で慣れない仕事をするのは自分自身が辛いですしね。


いつ授かれるかわからないから今から子作りを始めて授かった時点で産みたいという人は、いっそパートタイムで転職してこどもが大きくなってから正社員復帰もアリですよ。

まだ結婚してなくても、今すぐこどもが欲しくなくても早めに転職するべし


迷う

でもわたし結婚したばかりだし転職はこどもが欲しくなってからにするよ〜



疑問

わたしなんか結婚もまだだから妊娠・出産のこと考えて転職するのは早すぎるよね?



まるまる

いやいや、転職から妊娠までの期間は長いに越したことないんだし早めに転職した方がいいよ!結婚してない人だってある日突然王子様が現れてスピード婚、すぐこども欲しいわ〜ってこともありえるんだからw



どんなに産休・育休取得や子育てママにやさしい会社でも、入社してすぐ妊娠すると嫌な顔をされることもあります。仕事も覚えないうちに長期休まれたら周りにしわ寄せがいきますからね。


わたしが昔いた会社では入社式の時点で既に妊娠していた大卒新入社員がいて上司からクソミソに怒られたそうですww




20〜30代の既婚女性が転職の面接に行くと「こどもの予定は?」と聞かれたり、ひどいと「2〜3年はこども作らないでね」と念押しされたりすることもあります。


たとえ独身でも「彼氏いる?」「結婚の予定は?」「将来こども欲しい?」などと先走った質問を浴びせられたり。


本当はこういうことってセクハラなので言っちゃならんのですけどね。そしてこの手のことを言う面接官って大概妊娠も出産も自分でしてない男性なのでほとほと呆れます。


まるまる

お腹に10kgのおもりでも縛り付けてやろうかと思ったw


なので「まだこどもはいいかな〜しばらくは働きたい!」と思っているうちが転職のベストタイミングなのです。

転職するなら転職エージェントの利用がおすすめ


迷う

でもさ〜、今までのキャリアを活かしてできる立ち仕事メインじゃない仕事なんてあるの?わたし看護師なんだけどどんな仕事があるのかわからないよ〜



まるまる

そんな時は転職エージェントを利用するといいよ!

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントって何?転職サイトと何が違うの?という人のために説明しておきますね。


転職エージェントはいわば求職者と企業の仲介役。企業が「こんな職種・ポジションでこんな人材を募集しています」と募集を出し、転職エージェントがその求人に合う求職者(転職エージェントに登録している人)を紹介し、面接などの手配をします。


給与交渉など自分では言いにくいことも代わりにやってくれるし、経験豊富なプロのコンサルタントさんが相談に乗ってくれるので自分でも気付かなかった意外な適性がわかることも。


特にサービス業や医療系は忙しくて時間が取りづらいので、在職中に転職活動をするなら転職エージェントを利用しない手はないですよ!


転職サイトと転職エージェントの違いはこちら↓


 転職サイト転職エージェント
求人サイト上に掲載されている求人を見ることができる一般公開されていない「非公開求人」も紹介してもらえる
仕事の探し方自分で気になる求人を検索したり、プロフィールを登録してスカウトを待つことができるエージェントが自分の経歴・希望にマッチした求人を紹介してくれる
仕事に応募
する時は
自分で気になる求人に応募する。面接の予約や給与の交渉などもすべて自分で行う面接の予約や給与の交渉などエージェントが代行してくれる。応募先企業の雰囲気を聞いたり、面接のコツなども相談に乗ってもらえる
こんな人に
おすすめ
転職活動をする時間の余裕がある人、自分のペースでゆっくり求人を探したい人仕事が忙しく転職活動に時間を割けない人、不安なことはプロに相談したい人

まるまる

わたしは海外に住んでるからこういう気の利いたサービスないんだよね〜。日本はいいなぁ!

主な転職エージェントの比較

ここで主な転職エージェントを比較してみましょう。いずれも全国あらゆる業種の求人を扱っています。それぞれ特色があるので、みなさんの条件に合うエージェントを選んでみてくださいね!


 求人数特徴
リクルートエージェント200,000件以上
(約80%が非公開求人)
・求人数、転職支援実績、顧客満足度ともに業界No.1
DODAエージェントサービス100,000件以上
(80〜90%が非公開求人)
・DODA限定の求人多数
マイナビエージェント25,000件以上
(約80%が非公開求人)
・20〜30代の転職に強い
パソナキャリア45,000件以上
(約80%が非公開求人)
・1976年の創業時から女性の転職を支援
・約70%の人が年収アップ
リブズキャリア非公開・年収400万円以上の女性に特化
・育休取得率、男性の育休支援、フレックス、リモートワーク可などの情報が知れる

リクルートエージェントとDODAは圧倒的に求人数が多く実績も豊富なので特にオススメです。この2つはとりあえず登録しておきましょう!

転職エージェントは無料で利用できる

転職エージェントは採用が決まると募集企業から報酬が支払われるので、求職者は無料で利用することができます。


プロのコンサルタントさんに相談に乗ってもらうと自分では気付かなかった道が開けることもあるので、まずは登録して相談に行ってみるといいですよ!

思い立ったが吉日。転職を考える余裕があるうちに早めに行動を



この記事を読んでくれたみなさんは少なからず「転職」の2文字が頭に浮かんでいることと思います。


でもきっと今までも「転職 立ち仕事」「妊娠中 立ち仕事」などと検索してはため息をついてきたのでしょう。「転職したいけど無理だろうな」「今は仕事忙しいし転職はもう少し先でいいや」と。


しかしそんなことを言っていてはキリがありません。光陰矢の如し、気付いたら結婚、気付いたら妊娠していて今更転職できない・・・となってしまいますよ。ほんとに。


人生は思い立ったが吉日、この記事を最後まで読み終わったら是非行動に移してみてくださいね♪





まるまる

お母さんになっても楽しく働こう♪