わたしは海外留学中に現地で今の夫(日本人)と知り合いました。


婚姻は現地の方式で行ってから日本領事館(大使館)に届け出ることもできるのですが、わたしたちは日本に一時帰国して地元の市役所に婚姻届を提出。


ほぼ入籍のためだけに短期で帰国することにしたので、日本滞在中に手続きの漏れがないようネットで調べて計画を立てていたのですが意外と情報がないんですよね。


というわけで、同じような迷える子羊ちゃんたちのため、海外在住の人が一時帰国して婚姻届を提出する際のプロセスや必要なものをまとめてみました!


まるまる

一つ一つ調べてはメモして、手続きの順番を考えて・・・と結構大変だったなぁw

スポンサーリンク



日本で婚姻届を出すメリット

海外から一時帰国して婚姻届を出すとなると時間もお金もかかるのは事実。しかし、あえて日本で婚姻届を出すのには様々なメリットがあるのです。

入籍前に両家への挨拶・両家顔合わせができる

海外にいる間に結婚が決まった場合、相手の親にまだ会ったことがないケースもあるかと思います。やはりけじめとして結婚の挨拶をしてから入籍する方が印象は良いです。




わたしと夫は結婚前にもお互いの親や親戚にも会ったことがあるし相手の実家に泊まったりもしていましたが、入籍前に一応二人と両家両親で顔合わせをしました。


日本では結婚=家同士のつながりという認識がまだまだあるので、今後より良い関係を築くためにも入籍前には改めて顔合わせをすることをおすすめします。

届出が海外の方式よりも楽

これは国にもよるかと思いますが、たとえばニュージーランドでは婚姻をするにあたり結婚予告書という書類を記入し結婚登録官の前で宣誓、提出します。(その際証人を2人連れて行く必要あり)


それが許可されれば「結婚許可書(Marriage License)」が発行され晴れて成婚となるようです。


まるまる

結婚がライセンスってw


さらに日本でも結婚している状態にするためにはニュージーランド方式で婚姻成立したのち日本領事館(大使館)に届けなければならないみたい。ややこしい・・・!


その点日本では必要書類を揃えて提出すればその場で受理されるのでとてもらくちんです。

地元で婚姻届を出すことができる



これはこだわる人のみですが、慣れ親しんだ地元の役所で婚姻届を出したいという人は是非一時帰国して届出をしましょう。一生に一度のことですからね。

デザイン婚姻届を使える

最近デザイン婚姻届って流行ってますよね。実はわたしも使いました♪春に入籍したので、婚姻届製作所から無料ダウンロードした桜の婚姻届(期間限定)で提出。気分も晴れやかになるし写真映えもするのでおすすめですよ!


無料テンプレートも素敵なものがたくさんありますが、有料でかわいいキャラクターのテンプレートを購入することもできます。


海外の日本領事館(大使館)でも使えなくはないと思うのですが、馴染みがないので「なにこれ?」と思われて手続きがスムーズに進まない恐れもあります。

免許証の名義変更も同時にできる

日本の運転免許証は日本国内でしか更新できないため、海外で入籍して「今度日本帰った時に免許の名義変更しよ〜」と思っているとうっかり忘れてしまうかもしれません。


日本で入籍すればすぐに免許証の名義変更(裏面に新姓を印字)が可能です。わたしは市役所で婚姻届を出したその足で免許センターに行き、ものの5分で名義変更できました!

婚姻届の準備

婚姻届を出す時に必要なものをチェックしておきましょう。




  1. 婚姻届
  2. 念のため予備を含めて2〜3枚用意しておくと安心。


  3. 印鑑
  4. シャチハタ・ゴム印はNG。実印か銀行印、認印を朱肉を使って押しましょう。

    苗字が変わる人は旧姓の印鑑で!(下の名前のみの印鑑があればそれでもOK)

    夫婦で同じ印鑑は使用できないので、たとえば鈴木さん同士の結婚だとしても別の印鑑を使いましょう。


  5. 証人2人の署名・捺印
  6. 成人している人であれば誰でも証人になれますが、親に頼むのが無難。わたしは両家顔合わせ時に主人の父と自分の母に頼みました。

    書き損じに備えてまず用意したすべての婚姻届用紙に証人の署名・捺印をしてもらいましょう。

    ちなみに家族や親戚に証人を頼む場合も結婚する本人と同じ印鑑は使えません。証人の苗字が同じ場合は要注意。


  7. 戸籍謄本
  8. 届出地が本籍地でない場合は戸籍謄本が必要です。何ヶ月以内に取得したものでないとダメというのは諸説ありますが、わたしは市役所に確認したら1ヶ月以内に取ったものをとのことでした。

    必ず届出地の市区町村役場に「何ヶ月以内の戸籍謄本が必要ですか?」と確認しましょう。


  9. 本人確認書類
  10. 運転免許証、パスポートなど。わたしが入籍した2017年3月時点ではマイナンバーは必要ありませんでした。

婚姻届以外に必要な手続き

1.戸籍謄本(抄本)+附票の取得

通常婚姻届提出時は戸籍謄本(抄本)のみでOKですが、海外から一時帰国して免許証の名義変更もする人は住民票が必要なので帰国期間中だけ住民登録(転入届)をします。


住民登録の手続きには附票も必要なので忘れずに準備しましょう。婚姻届と住民登録は同じ窓口で同時にできるので戸籍謄本1通+附票1通でOKです。

2.住民票取得

海外に長期滞在している人は海外転出届を出しているため住民票がありません。婚姻届提出時に「一時帰国中なので転入・転出届も出したいのですが」と言えばOK。わたしは同じ窓口で一緒にやってもらえました。


住民登録の期間は一時帰国中だけにするので、転入届と一緒に転出届も提出しちゃいましょう。そうすれば日本を離れるタイミングでまた住民票を抜いてくれるので、別で転出届を出す必要がありません。


※ちなみに住民票取得には本人確認書類が必要ですが、入籍したばかりなのでもちろん旧姓の運転免許証・パスポートでOKでした。


まるまる

住民票は転入届を出してから1時間ぐらいで発行してもらえたよ!市役所のソファーでぐで〜んとしてる間に完了☆

3.運転免許証の名義変更

免許センターに行って免許証と住民票を提出し、約5分後には免許証の裏面に新姓を印字してもらえました!


この後、銀行などの名義変更に運転免許証が必要なこともあるので、婚姻届を提出したらすぐ名義変更しておくと便利です。


  • 苗字が変わる人は帰りの航空券を旧姓で予約してあるので、パスポートは帰ってから更新しましょう!日本滞在中にパスポートを更新したら帰れなくなっちゃいますよw

4.戸籍謄本(抄本)の取得

婚姻届提出から1週間後ぐらいには戸籍謄本(抄本)も取得することができます。戸籍も何かと細かい変更手続きに必要なことがあるので取っておきましょう。


海外に戻ってからパスポートの名義変更をしなければならないので、最低1通は必要です。


まるまる

日本を離れてから「もっと必要だった!」となると大変なので多めに取っておこうね!


帰国日が迫っているので早く取りたいという場合は早めに欲しい旨役所に伝えておくと良いです。


余談ですが、戸籍謄本は親の名前とかもすべて記載されているので戸籍が必要な時は謄本を取っておくに越したことはありません。手数料同じですからねwわたしは抄本だとなんとなく心配なので常に謄本を取りますw

これから彼氏・彼女と一緒に海外に出る予定の人は日本で入籍を済ませてからがおすすめ



よく年頃の男女で「彼氏・彼女と一緒にワーホリに行く」という人がいますが、一緒に海外に行くぐらいの仲なら先に入籍してから行くことをおすすめします。


ワーホリは結婚していても子どもがいなければ(いても同伴しなければ)OKですから。先に入籍+結婚式を挙げるなら挙げて行っちゃった方が楽ですよ♪


海外からわざわざ日本に一時帰国して入籍・結婚式をするのって本当に大変ですから。(経験者は語るw)


まるまる

日本で婚姻が認められていない同性カップルは別だけどね!

結婚していた方が配偶者ビザの取得が楽

また、ワーホリや留学、仕事で行った先の国でどちらかがワークビザを取得することになった場合、もう片方は配偶者ビザを申請する可能性がありますが、法的に結婚していた方が有利です。


たとえ事実婚(パートナーシップ、De facto)を認めている国でも入籍していた方が偽装を疑われにくいし、ビザを申請する国によってはそもそも事実婚が認められていないこともありますからね。

まとめ:手続きはこの順番でしよう!


自分の本籍地の市区町村役場
戸籍謄本+附票の取得(必要な場合のみ。二人とも届出地が本籍地の場合不要)


婚姻届提出地の市区町村役場
婚姻届提出

住民票取得(ここからは新姓使用)・・・約1時間


届出地の運転免許センター
免許証の名義変更(裏面に新姓を印字)・・・約5分


婚姻届提出地の市区町村役場
戸籍謄本(抄本)の取得

婚姻届提出先の市区町村役場に事前に確認しよう

今回はわたしの体験談を書きましたが、届出先の市区町村により事情が異なる場合があります。念のため役場に確認してから書類の準備を始めてくださいね!


一時帰国前は入籍のことでバタバタしがちなので忘れ物にも気をつけて♪
おすすめ 海外在住の人必見!!日本に一時帰国する時に持って行った方が良いものまとめ。


日本にいる間は手続き関連で調べ物をすることも多いので、WiFiをレンタルしていつでもネットを使えるようにしておくと便利ですよ♪
おすすめ 【レビュー】日本に一時帰国するときに使えるおすすめのレンタルポケットWiFiはこれ!


まるまる

結婚の手続きは大変だけど、家族になるための第一歩だから楽しんでね!