昨今、食物アレルギーを持つ方は非常に増えていますね。私はここ数年シェフとしてレストランやカフェで働いてきましたが、たびたびアレルギーのお客さんが来店し「卵アレルギーなので卵は除去してください」といった要望もよくあります。


正直、こういったケースの注文は一番神経を使いますね。というのも、アレルギーのお客さんに提供する料理にアレルゲンが混入してしまった場合、最悪命に関わるから。


この記事ではアレルギーのお客さんに最大限安全な料理を食べてもらうために飲食店のスタッフ(キッチンもホールも)がすべき対策方法をまとめました。


まるまる

是非参考にしてね!

スポンサーリンク



食物アレルギーの基礎知識



まずは食物アレルギーについて簡単におさらいしましょう。


食物アレルギー:免疫の過剰反応により、本来害のない食品に対しても「これは有害なものだ!」と認識し攻撃してしまい、じんましんや腹痛など様々な症状を引き起こすこと。


アレルゲン:アレルギーの原因となる物質。厳密には特定のタンパク質などを指すが、「卵」「そば」といったように食品の名前を指すこともある。


アナフィラキシーショック:皮膚・粘膜・消化器・呼吸器の症状がある(じんましん、目が腫れる、嘔吐、呼吸困難など)。皮膚症状と消化器症状など、2つ以上の重い症状が同時に起こった場合アナフィラキシーとされる。

血圧が下がり意識障害がある場合「アナフィラキシーショック」と呼ばれる。アナフィラキシーショックを略してアナフィラキシーと言うこともある。アレルゲン摂取後短時間のうちに症状が出て、最悪命を落とすことも。

特定原材料と準特定原材料

アレルゲンとなる原材料はすべてがパッケージに表示されるわけではなく、以下の27品目のみが表示の対象となります。

特定原材料(7品目)

アレルギーを起こすことが明らかとなった食品のうち、特に発症数が多いもの(卵、乳、小麦、かに、えび)と重篤な症状を呈するもの(そば、落花生)。

卵、乳、小麦、そば、落花生、かに、えび

準特定原材料(20品目)

アレルギーを起こすことが明らかとなった食品のうち、発症数や重篤な症例が継続して相当数見られるが特定原材料よりは少ないもの。

あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

ただし、特定原材料でも準特定原材料でも酒類(みりん、料理酒を含む)はアレルギー表示が免除されます!

オレンジリキュールやりんご酒にもアレルギー表示はないので要注意!!!



まるまる

ここから下ではこれらの用語を使うので覚えておいてね!

1.メニューにアレルゲンを表示する



特定原材料については、メニューの料理名の横に何が入っているか表示しておくと良いでしょう。お客さんが一目見てわかるのでアレルギーのお客さんからその都度呼ばれて説明する手間が省けるし、確実にアレルゲンを避けることができます。


すべて字で書くとごちゃごちゃするので、特定原材料の食品を示すマークで表示するのがオススメ!



まるまる

絵があるとわかりやすいよね!

特定原材料以外のアレルゲンについてはその都度確認!

メニューにすべてのアレルゲンを表示することは難しいですが、世の中には特定原材料のアレルギーはないけど準特定原材料のアレルギーを持つ人もいれば、準特定原材料ですらない食材(米、なす、トマト、玉ねぎなど)のアレルギーを持つ人もいるのです。


そのため、たとえば「トマトアレルギーなのでこのメニューからすべてトマトを抜いてください。生のトマトもドライトマトも缶詰のトマトも」と言われた場合、その料理に盛り付けるものすべてについてトマトを使っているかどうか確認する必要があります。

2.レシピを紙に書いておく



調理スタッフはキッチンで作るすべてのものに関してレシピを作り、ノートに書くか紙に書いてファイルに入れ所定の位置に保管しておくことをおすすめします。理由は以下の3つ。


  1. 口頭でのレシピ伝承はどこかで間違えて伝わる可能性大
  2. 店によっては口頭でレシピを伝承し、頭で覚えている材料を入れて作っていることもあると思います。しかし、口頭での伝承はいわゆる伝言ゲーム、誰かが間違えたらその後間違ったレシピが伝わってしまいます。


  3. 人間の記憶力は絶対ではない
  4. 人間の記憶力はあいまいなので、正しいレシピを覚えていても作る時に間違えて違う食材を入れてしまうことも考えられます。また、いざアレルゲン除去のリクエストが入った時に「このドレッシングって◯◯入ってるっけ?」となることもありますよね。そのような場合にもレシピがあればそれを見て確認することができるので、より確実なアレルギー対応ができます。


  5. 新人もレシピを見れば間違いなく作れる
  6. 入ったばかりの新人調理スタッフはまだすべての料理の作り方を覚えていませんが、レシピがあればそれを見ながら間違いなく作ることができます。実際私も今の職場ではレシピがあるので初日からガンガン一人でディップだのソースだの作っていました。新人教育の手間が省けるという観点からもおすすめです!

3.普段と違う食材を使った時はラベルを貼って明示する

また、在庫の問題で普段使っている食材が切れてしまい他の食材で代用することもあります。


  • ガーリックパウダーがないのでオニオンパウダーで代用
  • 梨がないのでりんごで代用


このような場合、必ず他の食材で代用した旨を書いたラベルを保存容器に貼り、ホール・キッチンスタッフ全員に口頭でも知らせましょう。


キャビネットに入れて販売する商品ならばポップにも書いておくと尚良しです。


例)タルトに使う洋梨がなかったので代わりにりんごを使用した場合

→洋梨のタルトはりんごに変更していることを明示(保存容器への表示、スタッフへの周知、ポップへの注意書き)

→りんごアレルギーのお客さんはそれを避けることができる

4.ホールスタッフへの食物アレルギー教育



キッチン内ではアレルギーに関する情報共有、新人さんが入った時の教育をすることと思いますが、意外と抜けているのがホールスタッフの教育。


キッチンスタッフは調理師免許を持っている人やそうでなくてもアレルギーに関する基礎知識のある人が多いですが、ホールスタッフは食品関係の知識がない人もたくさんいます。


なので、「このぐらいは当然知っているだろう」と思わず新しいホールスタッフが入ったらキッチンスタッフ直々にアレルギー教育をしましょう。教育を担当する管理職の方はアレルギーについての情報がまとまった本を1冊持っておくと良いですよ!


食物アレルギーの対応マニュアルを作って壁に貼っておこう

また、食物アレルギーのお客さんが来店した場合の対応についてもマニュアル化して、壁の見やすい位置に貼っておくと良いでしょう。(ファイルに綴じてしまうとわざわざ見なくなるので、目につく場所に掲示する方が良い)


<食物アレルギーのあるお客様への対応>


  1. お客様に食物アレルギーがあると言われた場合、何にアレルギーがあるのか聞く(小麦の場合グルテンに反応しているので、小麦以外にもグルテンを含む大麦などは除去するかお客様に聞く)


  2. お客様が注文したいメニューにアレルゲンが入っているかどうか確認する(わからなかったらキッチンスタッフに聞く)


  3. アレルゲンが入っている場合、アレルゲンを抜いて提供するか他のメニューにするかお客様に聞く


  4. アレルゲンを抜いて提供する場合も他のメニューにする場合も、同じキッチン内でアレルゲンを含む食材を使用しているため、意図せぬ微量の混入の可能性はあることと、それについては責任を負いかねる旨を説明する

  5. ※重度のアレルギーを持つお客様には特に危険が伴うことをよく説明し、理解していただきましょう。


  6. できた料理をキッチンから受け取る際は、アレルゲン除去をしたものかどうか確認してから提供する

  7. ※キッチンがアレルゲンを除去し忘れて通常の作り方で作ってしまうこともあるし、他のお客様から同じ料理の注文が入っている時には取り違えてしまう可能性もあるため。

重度のアレルギーをお持ちの方は外食はしない方が安全です!



残念ながら、多くの飲食店では充分なアレルギー対応ができていないのが現状。私の経験から、以下のような場合に微量のアレルゲンが混入してしまうことが考えられます。


<飲食店で考えられる微量アレルゲン混入リスク>


  • 加工食品の工場内での混入
  • たとえば米粉の工場で小麦粉も生産している場合、設備や空気中からの混入が起こる可能性もあります。

    そういった場合は通常パッケージに「小麦を含む製品と同じ設備を使用しています」「本製品製造工場では小麦を原料とした製品を製造しています」といった注意書きがありますが、外食時はそこまで確認することはなかなかできません。(調理スタッフですら把握していないことも)


  • 調理器具を介しての混入
  • トマトを切ったまな板を洗浄してからきゅうりを切った場合、まな板にわずかにこびりついたトマトがきゅうりに付いてしまい(二次汚染)、そのきゅうりを食べたトマトアレルギーの人がアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。


  • 従業員の体を介しての混入
  • 卵を扱った後ちゃんと手を洗わずに作業を続けた場合、他の食材が汚染され卵アレルギーの原因となることもあります。


  • アレルゲンの総タンパク質量がごく微量の場合アレルギー表示が免除される
  • たとえ特定原材料(7品目)であっても、「その食品に含まれるアレルゲンの総タンパク質量が数μg/mlまたは数μg/gの場合アレルギーを発症することはないだろう」という専門家の見解により表示が免除されていますが、本当に重度のアレルギー患者さんはそれでも発症してしまう可能性は0ではありません。



これらの理由により、重度の食物アレルギーを持っている方は外食はおすすめしません。命に関わります。


飲食業に携わる私たちとしても最善を尽くしたいのはやまやまですが、その店でアレルゲンとなる食材を扱っている限りリスクは0にはできません。仮にキッチンで完璧なアレルゲン除去ができていたとしても、ホールスタッフの知識不足でアレルギー食材を使ったメニューをお客さんに提供してしまうことだって考えられます。

元々アレルギーの原因となる食材を使っていない店でもアレルギーリスクはある



さらに、自分が持っているアレルギーの原因食材を使っていない店でも油断はできません。たとえば調理スタッフが家でパンを食べた場合、爪の中に微量のグルテンが残りそれが店の料理に混入して小麦アレルギーのお客さんがアレルギー反応を起こすことだってありうるのです。


しつこいですが、重度のアレルギーの方は本当に外食はおすすめしません。

特に価格帯の安い店は食物アレルギー対応がおろそかな可能性大

中でも価格帯の安い店は食物アレルギー対応が不十分な可能性が高く、特に気を付けてほしいです。重度の方のみならず、軽度の方もです。


理由は以下の2つ。


  • 調理経験・資格を持たないアルバイトスタッフが多いため、食物アレルギーの知識を持つ人が少ない


  • 回転率が高く忙しいため、手や調理器具の洗浄が充分にできず二次汚染が起きやすい


逆に、価格帯の高い店では経験豊富な有資格の調理師が多い、従業員の教育が行き届いている、人員に余裕がありアレルギー対応が徹底されている可能性は高いです。(店にもよりますが)

飲食店スタッフはお客さんの命を預かっているということを肝に銘じよう

人の命を預かる職業というとお医者さんやパイロット、電車の運転手さんをイメージするかもしれませんが、飲食店スタッフも人の命を預かる職業であるということを覚えておいてほしいです。

アレルギー対応に自信がなければ「アレルギー対応はできない」と事前に断る

キッチンで働いた経験から言うと、飲食店でのアレルギー対応は最大限やるべきですが完璧にするのは不可能です。


正直、工場レベルの食品衛生管理ができないのであればアレルギー対応はすべきではありません。無理してアレルギー対応をして微量のアレルゲンが混入しお客さんの命を奪ったり体調を悪くするくらいなら、最初から


  • 「当店ではアレルギー対応は行っておりません」
  • 「微量のアレルゲンが混入する可能性がありますので自己責任でお願いします」
  • 「このメニューには◯◯が含まれておりますので◯◯アレルギーをお持ちの方はご遠慮ください」


と明示しておくべき。アレルギー反応が出てしまってからでは遅いです。


たとえ命が助かったとしても、店側にもお客さん側にも大きな負担がかかります。「あの店アレルギー出たらしいぞ」なんて評判が広まったら客足が遠のいて売上減、最悪店の存続も危ぶまれますしね。


今回ご紹介した注意点を参考に、今一度みなさんのお店のアレルギー対応を見直してみていただけると嬉しいです。


まるまる

どんな仕事でもできないことはできないと言う誠実さが大事だよ!