ホームステイ

【徹底比較】海外在住者が家賃収入を得る場合、フラットシェアとホームステイ受け入れどっちがいい?

ニュージーランド在住のホストマザーブロガーまるです♪

日本では家族だけで1つの家に住むことが当たり前ですが、諸外国は家賃が高いので他の人とシェア(フラッティング)して住むことが一般的。トイレやお風呂、キッチンをシェアして寝室は別々といった感じですね。

※日本では「ルームシェア」と言いますが、イギリス英語圏ではルームシェアは寝室をシェアすることを意味するので家をシェアするのは「フラットシェア」と言います。

最も一般的な家賃収入はフラットシェア

自分の住む家の一室を貸し出す方法で最も一般的なのはフラットシェア。自分が借りているor所有している家の空き部屋に住みたい人を探して、週◯◯ドルといった感じで家賃をもらって一緒に生活します。

光熱費やネットは込みのことが多いですが、そうすると調子に乗って電気や水使い放題の人もいるので光熱費は別でワリカンとか、使用量が多い場合はプラスで徴収する貸主もいます。

フラットシェアのメリット

  • いつでも気軽に入居者を募集できる
  • 家賃を自由に設定でき、光熱費を別で徴収することも可能
  • 日本人のフラットメイトを希望する場合は現地の日本人掲示板で募集することも可能
  • 掃除当番制にすれば共用スペースの掃除を手伝ってもらえる
  • 食事は別なので自分と家族の分だけ作れば良い

フラットシェアの最大のメリットは入居者を気軽に探せること。ホームステイと異なり審査や登録もないし、無犯罪証明も必要ありません。

仕事が忙しくて時間がない人はホストファミリーになるための手続きをする余裕はないでしょうから、フラットシェアの方が向いていると思います。

フラットシェアのデメリット

  • 家賃を高く設定すると入居希望者が来ない
  • 自分でネット上に広告を出すなどして入居者を見つける必要がある。内見にも時間を取られる
  • 郊外では入居希望者を見つけにくい
  • 見ず知らずの他人と住む場合はセキュリティ上の不安がある
  • キッチンやお風呂を使う時間がかぶると面倒
  • いきなり退居が決まってnotice(退居時は何週間前までに教えてね、という期限)を守らず出て行かれたり、逆に気が合わないのにいつまでも退居しないこともある
  • フラットメイトと程良い距離感を保つのが難しい

フラットメイトは元々の知り合いとか友達の紹介でない限り見ず知らずの他人と一緒に住むことになるのでセキュリティ上あまり良くありません。

わたしも以前のフラットオーナーのおばちゃんに散々いじめられたり、フラットメイトの既婚インド人に言い寄られたりして怖い思いをしました・・・

まる
まる
それでそのフラットが嫌になって移った先のフラットメイトが今の夫だから結果オーライなんだけどw

安全のため入居時にパスポートのコピー提出を義務付ける人もいますが、フラットメイトからしたら疑われてるみたいで良い気はしませんよね。

一緒に住んでいるとはいえ家族とは違うので基本的に干渉はせず、かといって完全無視というわけでもないので距離感を掴むのに苦労することもあります。

留学生の多い国では家賃収入目当てにホームステイの学生を受け入れるのも盛ん

また、オセアニアやカナダなど留学生の多い国では家賃収入のためにホームステイの受け入れをすることも多いです。

ホストファミリーの多くはお金目当て、というのは以下の記事に書いてありますが、知らない人にとっては意外みたいで結構反響大きかったですw

ホームステイのごはんのジャンクフード率が高い理由はズバリ、裕福なホストファミリーが少ないから。ニュージーランド在住のホストマザーブロガーまるです♪ みなさんは海外でホームステイしたことはありますか?わたしはニュージーランドに...

ホームステイ受け入れのメリット

  • フラットシェアと比べて1.5〜2倍くらいの家賃を得られる
  • ホストファミリーは学生を選べるが、学生はホストファミリーを選べないので立地が悪くても入居者が見つかる
  • 語学学校(ホームステイ仲介会社)がステイする学生を探してくれ、内見もないので楽
  • 基本的に語学学校(ホームステイ仲介会社)を介して受け入れるのでお互いに身元がわかっており、何かあったらスタッフに相談できるので安心
  • ホームステイ受け入れにあたってのルールやうまくやっていくコツなどの資料がもらえる
  • 滞在期間が明確なので予定を立てやすい(いつからいつまでは日本から友達がやってくるから一部屋空けとこう、など)
  • 年齢の若い子やヴィーガンなど食事に配慮が必要な学生を受け入れる場合家賃が多くもらえることもある
  • ごはんを自分たちの分と一緒に作って提供するのでキッチン争いがない

我が家は郊外にあるため、フラットメイト募集をかけてみましたがまったく希望者が来ないのでホームステイに切り替えることにしました。受け入れに際しては語学学校(ホームステイ仲介会社)を介しているので何かと安心です!

また、わたしの住むニュージーランドは年々家賃が上がっていますが、だからといってフラットメイトの家賃を上げることは難しいんです。

街の中心部ならともかく、なかなかフラットメイト希望者が集まらない郊外では買い手市場なので安くないと来ないんですよね。特にワーホリなど短期滞在者は年々国全体の住宅価格や家賃が上がっていることを知らないので「前より家賃相場上がったし仕方ないか」とならないですから。

その点ホームステイの学生さんは家賃が高くても払うので、相場が上がればそれに伴いホームステイの家賃設定も上がります。わたしが2013年にニュージーランドに来た当初ホームステイしてた時は週230ドルでしたが、現在(2019年7月時点)では週270ドルくらいになってますね。

ちなみにホームステイの学生さんが高い家賃でも払う理由は

  • 海外留学する人はお金持ちが多い
  • ホームステイすることが目的なので安くてもフラットは選択肢にない
  • 普段他の国に住んでいるので家賃相場や年々家賃が上がっていることを知らない
  • 短期留学ならスーツケース1つで入居でき食事付きのホームステイが一番楽なので高くても構わない
  • 若い学生の場合、親が安全性を重視するのでホームステイを好む。中学生などは保護者が必要なのでそもそもホームステイしか選択肢にない

こんなとこでしょうかね。

ホームステイ受け入れのデメリット

  • ホストファミリーとして登録する語学学校(ホームステイ仲介会社)を探さなければならず、登録のための書類を記入する手間がかかる。また、無犯罪証明を取得するのに時間がかかるのですぐには受け入れできない
  • 街の中心部から離れていたり最寄りの駅・バス停から遠いと登録できる語学学校(ホームステイ仲介会社)が少ない
  • 基本的に日本人以外の学生を受け入れるので家で日本語だけで生活したい人には向かない
  • 中学生など若い子を受け入れた場合、居住国の法律によっては一人で家に残していけないので仕事や外出の時間が制限される
  • 平日は2食(場合によってはお弁当も)、土日祝日は3食作らないといけないので手間がかかる
  • 「部屋にはデスクがないとダメ」などの規定があるので買い揃える必要がある

わたしは知り合いでホームステイ受け入れをしている人がいたのでその人に語学学校を2つ紹介してもらったのですが、どちらも我が家は街の中心部から遠すぎるという理由で登録を断られてしまいました。

その後ネットで調べて複数の語学学校(ホームステイ仲介会社)に連絡を取ってみましたが、やはり街から遠すぎるのでNGというところが多く、何度メールを送っても返事すらくれないところもあってまともに対応してもらえたのは語学学校1社と仲介会社1社のみ。

さらに、登録フォームを書いた後も家のインスペクション(スタッフが見に来る)があったり、警察の無犯罪証明(Police vetting)の取得に時間がかかったりでホームステイの準備を始めてから最初の受け入れが決まるまで2ヶ月近く、実際に受け入れをするまでは3ヶ月もかかってしまいました。

一旦登録してしまえばその後は楽なんですが、最初の登録は本当に面倒でしたね。なので、ホームステイを受け入れたい人は一刻も早く登録を済ませることをおすすめします!

ホームステイの学生さんがいる期間はホリデーに行けないの?

年単位など長期で同じ学生を受け入れる場合、受け入れ期間中は自分たちはホリデーに行けないのか?という心配をしてる人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

「いつからいつまでホリデー行きます」と語学学校(ホームステイ仲介会社)に申告すれば不在の期間は学生さんのアコモデーション(代わりの滞在場所)を用意してもらえるので基本的にこちらの都合でOK。

フラットシェアとホームステイの比較

フラットシェアとホームステイの要点を比較してみました!どちらが良いか迷ってる人は参考にしてくださいね♪

  転職サイト 転職エージェント
求人 サイト上に掲載されている求人を見ることができる 一般公開されていない「非公開求人」も紹介してもらえる
仕事の探し方 自分で気になる求人を検索したり、プロフィールを登録してスカウトを待つことができる エージェントが自分の経歴・希望にマッチした求人を紹介してくれる
仕事に応募
する時は
自分で気になる求人に応募する。面接の予約や給与の交渉などもすべて自分で行う 面接の予約や給与の交渉などエージェントが代行してくれる。応募先企業の雰囲気を聞いたり、面接のコツなども相談に乗ってもらえる
こんな人に
おすすめ
転職活動をする時間の余裕がある人、自分のペースでゆっくり求人を探したい人 仕事が忙しく転職活動に時間を割けない人、不安なことはプロに相談したい人

フラットシェアかホームステイか、ライフスタイルに合う方を選ぶと良い

フラットシェアとホームステイ受け入れの違い、わかっていただけたでしょうか?

ごはんを作るのが面倒だからフラットシェアとか、どうせ毎食作るからキッチン争いをしなくて住むホームステイ受け入れの方が向いてるとか、みなさんのライフスタイルに合わせて選ぶと快適に過ごせるかと思います。

わたしももうすぐ初めてホームステイの受け入れをするのですが、どんな生活になるかドキドキです!(ちなみに受け入れ第1号は日本人www夏休みの時期なので語学学校に日本人しかいないらしい・・・)

※2019年1月追記
結局この時は日本人留学生側から「日本人の家にホームステイはできない」とキャンセルされてしまい、その後10月にタイ人の子がホームステイ第1号となりました。

実際ホストマザーになってみてわかったことなど今後どんどんシェアしていくので楽しみにしててくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA