和食

もっちりだんごが最高!大分名物だんご汁のレシピ。

昔とある講演会で大分県臼杵市に行った時、夕方路線バスで別府の宿に向かおうとしたら何と終バスが終わっていましたw

そしたら同じ講演会に来てたお姉さん(初対面)が別府まで帰るとのことで、ちゃっかり車に乗せてもらうことにw

おまけに大分名物のだんご汁とやせうまを奢ってもらうというw

まる
まる
そんな若き日の思い出「だんご汁」を再現してみたよ!

大分名物だんご汁のレシピ

本場のだんご汁では団子と言っても細長いうどんのように成型しますが、今回は簡単に作れるよう生地を一口大にちぎるレシピをご紹介します。

材料(4人分)

  • だし汁:1L
  • 人参:1/2本(50g)
  • 大根:2cm(50g)
  • しいたけ:2個(50g)
  • ごぼう:1/4本(50g)
  • 油揚げ:1/2枚
  • 鶏もも肉:100g
  • 薄力粉:100g
    • 塩:小さじ1/4
    • お湯(40℃):50ml〜(少しずつ加えて調整)
  • 味噌:大さじ2
  • 刻みねぎ(飾り用):小さじ4

小麦粉の選び方はこちらの記事を参考にしてください↓

作り方

1.おだしを取っておく。本来はいりこだしを使いますが、昆布とかつおのだしでもおいしく作れます。

2.飾り用のねぎを2mm幅に刻んでおく。

3.人参・大根は7mm幅でいちょう切り、しいたけは十字に包丁を入れいちょう切り、ごぼうはささがき、油揚げは5mm幅で千切り、鶏もも肉は小さく(約10g)切る。

4.すべての具をだし汁に入れ、強火にかける。沸騰する直前で中火に落とし、フツフツさせながら煮込む。

5.ボウルに薄力粉と塩を入れ、40℃くらいのお湯を少しずつ加えながら箸で混ぜる。ポロポロと塊になったら手でこねてまとめる。

お湯の量は気温や湿度、薄力粉の個体差で異なります。まず50ml加え、その後は少しずつ様子を見ながら足してください。

6.だんごの生地をラップか濡らしたふきんに包んで常温で30分寝かせる。

7.30分経ったら、人参・大根がやわらかくなったのを確認してだし汁を沸騰させる。沸騰したらだんごの生地をちぎって鍋に入れる。

8.だんごが表面に浮いてきたら1つ取って半分に切り、火が通ったかチェック。中が粉っぽい場合はさらに5分中火で煮込む。

9.だし汁に味噌を溶かす。

10.できあがり!お椀によそったらねぎを小さじ1ずつトッピングしましょう。

ポイント

  • だし汁のレシピでは2Lの水でだしを取ると蒸発して1.5Lくらいになります。だしは少し薄まっても問題ないので、だんご汁を作る時は水を足して2LにすればOKです。
  • 薄力粉がない場合は中力粉でもOK。

だんご汁はすいとんやほうとうと同じ各地で定番の一品

だんご汁というのは大分名物ですが、九州の他の県でも「だご汁」と呼ばれる同じような名物料理があるそうです。(大分でもだご汁と呼ぶことあり)

関東のすいとんとか、山梨のほうとうも同じ部類なんですよね。

名前が違うだけで材料や作り方はほとんど同じ。遥か昔から日本人になじみのある食べ物なのです。

だんごがお腹に溜まるので、軽い朝食や昼食ならこれだけでOK!

まる
まる
ぜひおうちの定番手抜きメニューに加えてあげてね♪
ミイダスであなたの市場価値をチェック!

ミイダスは今までの職歴を基に現在のあなたの市場価値や強みを診断できる転職アプリです。

  • 登録するだけで企業から面接確約オファーが来る
  • 7万人の転職データから自分と同じ経歴の人の転職先が知れる
  • コンピテンシー診断で強みや向いている仕事を発見

などなど転職に便利な機能が満載!

  • 会社に給与アップを交渉するための説得材料が欲しい
  • まだ転職エージェントに登録する気はないけど転職の準備をしたい
  • 転職エージェントで紹介された案件の収入が低すぎる、自分はもっと上を狙えるのでは?と思ってる

まずはミイダスで自分の市場価値をチェックしてみませんか?実は思わぬ高収入を狙えるキャリアかもしれませんよ。

ミイダスであなたの市場価値をチェック