美容整形が普及した現代でも多くの人は未だ良いイメージを持っていないでしょう。たしかに、体にメスを入れたり何かを入れたり除去したりするのは不自然なことです。麻酔とか塗り薬とか、色々薬も使いますしね。


美容整形はやらなくて済むならその方が体には良いかもしれない。でも、世の中には整形した方が良いパターンもあるんです。

スポンサーリンク



自分の外見が苦痛になっている人もいる。




ここで言う整形した方が良いパターンというのは、周りから見て美人かブサイクかという問題ではありません。本人が外見により精神的苦痛を被っている場合です。

外見が人生に及ぼす影響。

かくいう私も、生まれつき目が正常に開かない先天性眼瞼下垂を持って生まれてきました。原因は不明。おそらくあるべき筋肉が1本欠損しているのではないかと言われましたが。


特に左目は生まれた時はまったくと言っていいほど開いておらず、そのせいで左だけ視力が出なくて近視+乱視。乱視は凄まじすぎてメガネでもほとんど矯正できませんw右目は人より良いのでいわゆるガチャ目です。右目がカバーしてくれてるのでアラサーの今でも両目裸眼で生きてます。ありがとう右目・・・!


ただでさえ目が開かないのにさらに余分なまぶたの皮があり皮の重さがのしかかる。目を開けているのも一苦労。目が疲れていたせいか中学生ぐらいからひどい肩こりでした。


目つきが悪く、第一印象は怖いと言われることが多かったですね。おまけに左右で症状の重さが異なり、見た目は左右非対称。

周りの目が気になり辛い学校生活。

小学校までは周りから「目つぶれ」と言われいじめに遭いました。


中高生になってからは自分は誰よりもブサイクだと思うようになり、100人中100人がブサイクだと言う人に対しても「自分に比べたらかわいい・・・」と卑屈になってゆきました。女子校で、しかもかわいい子比率高い学校だったからダメージは倍増w


左目に至ってはまぶたの筋肉がほとんど機能しておらず、目を開けようとしても開かない。右目は開こうと意識すれば開いたのでアイプチが使えましたが、左目はそもそも筋力が弱すぎてアイプチ先生も惨敗。アイライナーでごまかそうともしましたが、そもそも左右非対称すぎて意味を成さず。





鏡で自分の顔を見ては悲しくなり人知れず泣いておりました。

形成手術を繰り返した10代。

あまり小さいうちに形成手術をすると成長と共に傷口がつれてくると言われたので早期の手術はしませんでした。小学生の時まで生まれた病院の眼科で定期検診をしていましたが、当時の私は手術が怖くて踏み切れず。


また、当時通ってた大学病院は腕の良いお医者さんがおらずここにいても治らんなと確信し、中学の途中ぐらいで眼科専門病院に変えました。(というか、まぶたの問題なので眼科じゃなくて形成外科だろwというツッコミお待ちしていますw)

高校生になってからは形成手術のオンパレード。

そこの眼科に非常勤で来る形成外科のヤブ医者に効果のない手術を2回されました。1回目は左目挙筋短縮手術をし、治らず。私の左目は筋力が足りないので、この手術をしてもまぶたが上がらないのです。


2回目は本当は大腿の筋膜を顔に移植し左眉の筋肉と左まぶたをつなげて吊り上げ、左目を無理やり開ける吊り上げ術の予定でした。(これなら治る)


が、手術直前にヤブ医者が怖じ気づいたのか急に「君はまだ16歳だしね、この手術をしても後悔すると思うよ」みたいなよくわからん言い訳をされ手術の中止を求められるという事態に。


やっと治ると思って意を決して来たのにそんなことを言われ、ブチ切れて泣き出す私。そしたら「じゃあ代わりにこの手術ならしてあげる」と提案されたのがまさかの埋没法。まぶたの裏を糸で留めて二重にする、いわゆるプチ整形でおなじみのアレです。


正直、高校生でも自分の体のことはわかるので「自分の左目は筋力不足でアイプチもできないから埋没法なんかで開くわけはない」とわかってたし、ヤブ医者にもそう言いました。が、「あ〝ーーーー」みたいな感じで遮られ、無理やり手術されるという。


払わなくてもいいお金を払い、しても意味のない手術を受け。案の定左目は開くことなく、意味ないし糸が癒着すると困るのでヤブ医者がいない日に他の先生に抜糸してもらっちゃいましたw後日ヤブ医者怒り狂ってたけどw


その後、知人に紹介されて行った別の総合病院でもまた別のヤブ医者に効果のない左目挙筋短縮手術を1回されました。そこでも「挙筋短縮じゃなくて吊り上げ術じゃないと私の左目は開きませんよ」と言ったものの、まぁ任せなさいと謎の自信。結果、やはり左目は開かず。またしても病院を変えねばならなくなったのです。

敏腕美容外科医との出会い。

最終的にお世話になったのは、東京・大塚にある酒井形成外科の酒井院長。私は当時普及し始めたインターネットで調べに調べ、ヤブ医者時代からここが良いと思ってたんですが保護者が乗り気でなく。まぁ美容外科もやってたのでなんか怪しいと思っちゃったんですかねw高3になり、やっとこさここにたどり着きました。


今までの経緯を話したところ、


「え?君の左目挙筋短縮手術なんかで治るわけないじゃん」

「てか普通目を開ける手術では二重にするよね。なんで二重のライン作らずに目の際切ってるの?」

「左目だけで右目は手術しないの?」

「その先生大丈夫?」

「できないなら切らずに僕みたいな若いのに回してくれたらいいのにね〜(ヤブ医者ズは当時60半ば)」


とぶった切りw


サクサク手術の計画が進み、重症の左目は筋膜移植吊り上げ術、軽症の右目は挙筋短縮手術をすることに。違う手術なのに同時にしてもらい、晴れて私の先天的顔面コンプレックスは解消されたのでした。


手術直後は目デカくなりすぎていかにもやりました風だったけど、しばらくすると落ち着いてのっぺりしたしょうゆ顔に。現在の顔は一般的な「整形前」みたいな感じですw

術後の心身の変化



  • 目が楽に開くせいか肩こりが軽減
  • 無意識に左目を開けようとして左だけ不自然に上がっていたまゆげの位置が下がった
  • 鏡を見て絶望することがなくなった
  • 左右の目の大きさが以前より揃い目の際も隠れてないので化粧がしやすくなった


10代の頃は外見のせいで本当に卑屈の中の卑屈でした。自分は一生彼氏もできないし結婚もできずに死んでゆくと思ってましたから。


セーラー服の後ろ姿を見てナンパしてきた人に振り向いたら、ガッカリされて傷付いたこともありました。後ろ姿はかわいい子に見えたようですw


そんなどん底の私を救ってくれた酒井院長。
難しい手術をしながらも局所麻酔の私とずっと雑談してたり、 手術中にいちいち効果音とか「えいっ」とか言いながら進める楽しい先生でしたw先生には本当に感謝してます。


美容外科・形成外科は嗜好品と思われがちですが、一部の人にとっては必需品なのです。

最近は他院で受けた形成手術・美容整形手術の修正に力を入れるクリニックも多い

私があらゆる形成外科医に失敗され続けていた2002〜2004年頃には考えられませんでしたが、最近は他院で受けた手術の修正に力を入れているクリニックが増えています。(つまりそれだけ失敗例が多いということねw)


形成手術で失敗された経験のある私のような人にはこういったクリニックはほんと希望の星です。外見を美しくしようと痛い思いをして手術を受けたのに失敗された時の絶望感ってハンパないですからね。


割に合わないというか、傷口がくっついてもメスを入れたのはなかったことにはならないので・・・。(傷口は消えないし同じ位置は二度と切ることができない)


テレビで見るようなひどい失敗例でなくても、体(特に顔)が納得いかない仕上がりのままというのもなかなか辛いもんなんです。


もし以前受けた形成・美容整形手術がうまくいかず見た目に悩んでいるという方はそういったクリニックに問い合わせてみることをおすすめします。基本的にどこのクリニックも最初のカウンセリングは無料でやってくれますよ。


まるまる

良いお医者さんに出会えてきれいに直してもらえるといいね!

心の健康は体の健康。

正直、食べ物とか空気や水も大事ですが、心の健康が何より大切です。心の状態が悪いとどんなに良いものを体に入れても慢性的な不調に悩まされることもあります。私のように、外見に苦痛を感じるレベルの人は美容整形もひとつの選択肢としてアリですよ。外見を整えて気持ちが明るくなるのであれば整形だって厚化粧だってしたらいい。





最近ではプチ整形とかが増えてきたせいか、整形してる女は嫌だという男性も減っているようです。私の同級生男子は「整形しててもしてなくてもかわいければオッケー!」と言ってましたよw


歯並びが悪い時に歯列矯正するのとか、口唇口蓋裂の形成手術をするのは一般的だと思います。美容整形もそれと同じようにとらえてもらえるといいなぁ。英語では「cosmetic surgery」というくらいだからほんと化粧と同じような感覚で受け入れられるようになってほしい。


ただし、やりすぎると年取ってから崩れて悲惨になるからほどほどにねwあと、くれぐれもちゃんとしたお医者さんを選ぶこと!!患者の話を聞かない医者は論外ですよんw

おまけ

私が独身で彼氏もいない頃、当時95歳になろうとしていたおばあちゃんに「頭のええ男を選ばないかんよ。ここ(顔を指差して)はどうでもいいの」と言われました。「そうだね〜。中身の方が大事だもんね」と言った私におばあちゃんが言い放った言葉は・・・


「顔は整形したらええ!」


・・・私もこのぐらい豪快に生きていこうと思います(笑)。