気候の予測できない海外に行く時はどんな服を持って行くか迷いますよね。


わたしは現在海外在住で、たまに日本に帰るのですが気候がわからないので荷造りには悩みます。


寒いかなと思って厚手のコートや冬服を持って行ったら意外と着なかったり、逆に薄手のものばかり持って行ったら寒すぎて上着を借りたり買う羽目になったり。


特に季節の変わり目は三寒四温なので、暑さにも寒さにも対応できる洋服選びが大切です。

スポンサーリンク



赤道を越えて旅行する時は特に注意!

北半球→南半球、南半球→北半球に移動する時は特に注意しましょう。赤道を越えると季節が逆になるので。


たとえば日本が真冬の時、南半球は真夏です。真夏のクリスマスとか聞いたことありません?w


また、赤道に近いほど暖かいので南半球では北が暖かく南が寒いです。これ結構見落としがちなので気をつけましょうw

ニュージーランドは基本的に日本より寒い

ちなみに南半球の中でもニュージーランドは意外と寒いです。なぜか温暖なイメージがあるみたいですがそれは真っ赤な嘘w


ニュージーランドに住むわたしは年中長袖長ズボン着用ですよ・・・。


さらに、季節関係なく朝晩は常に冷え込むのでパジャマは長袖長ズボン必須。日本の夏の熱帯夜が恋しいですw

服をたくさん持って行くよりも1枚で暖かいものをプラスしよう

このように、海外の気候というのは現地に行ってみないとまったく予測ができません。


でもどんな気候かわからないからといって夏物・冬物とたくさん服を持って行くのは考えもの。


いらない服まで持ってったせいで帰りのお土産が入らない!となりかねませんからねw


わたしはシャツ、パーカーなど重ね着できるものを基本に、コンパクトにたためるダウンやカシミヤのカーディガンなど1枚でも保温力の高いものをプラスします。


寒い日はそれを普段の服装に足すだけで暖かくなりますよ。


まるまる

それでは日本と海外を行き来するわたしの経験上、便利だと思ったものをご紹介しますね!

コンパクトにたたんで携帯できるダウンコート

夏に寒い国に出かける場合、コートはどうやって持って行ってますか?


コートはかさばるのでスーツケースに入れるとパンパンになってしまいますよね。かといって日本が暑いと空港まで着ていけないので手で持つ羽目になる・・・


重いスーツケースを転がしながらコートを手に持つって結構しんどいので、コンパクトにたたんで携帯できるタイプのダウンコートが便利です。


着ない時は付属の袋に詰めてスーツケースに入れてしまえばOK!

おすすめ商品

小さくたためるダウンって意外と売ってるとこ少ないんですよね・・・ユ◯クロのはみんなとかぶっちゃうしw


そして売ってそうなサイトを見つけてもなんて検索したらいいのかわからないし、検索でヒットした商品のサムネイルを見てもたためるタイプかどうかわからない!w


まるまる

というわけで洋服屋さんのウェブショップをしらみつぶしに探してみましたw


色々探してみた結果良さそうだったのがSHOPLIST.comで買えるこのダウンコート。





まずは「レディース」を選択し、「ライトダウン 収納」と検索するとこの商品が出てきます。





おすすめポイント

  • 着ない時は小さくたたんで持ち歩ける

ダウンジャケットよりもダウンコートがおすすめな理由

個人的にダウンジャケットよりも丈の長いダウンコートをおすすめします。


というのも、ダウンを着るような日はかなり寒いので丈が短いと下半身を寒さから守れないから。


以前腰ぐらいまでしかないダウンジャケットを買ったことがありますが、上半身は暖かいけど腰から下が寒くて結局長いダウンコートに買い換えてしまいました。


なので、買うならひざより下まであるダウンコートの方が便利ですよ。

薄手のインナーダウン

「ダウンコートはあったかいけどデザイン性に欠けるな・・・」という方にはインナーダウンがおすすめ。


ダウンというとアウターのイメージですが、コートの中に着られる薄手のインナーダウンもあるんです!(わたしも最近知りましたw)

おすすめ商品

イチオシはe-zakkamania storesのインナーダウンシリーズ。丈の短いものと長いものがあります。


すっきり着たい人・手持ちのコートからはみ出るのが心配な人は短い丈、暖かさ重視の人は長い丈のものを選ぶと良いでしょう。








このシリーズもSHOPLIST.comのウェブショップから購入できます。


まずは「レディース」を選択し、「インナーダウン」と検索すると一番上にショート丈・ロング丈両方とも出てきます。


インナーダウンは汗を吸いやすいのであえてフェイクダウンがおすすめ

インナーダウンはコートよりも体に近く汗を吸いやすいため、いつでもおうちで洗えるフェイクダウンの方が便利です。


ダウン製品のクリーニング代って結構高いですからね・・・。フェイクダウンならクリーニングに出す手間もコストも省けるので気軽に使えます。


おすすめポイント

  • フェイクダウンなので家で手洗いできる
  • 薄手で着膨れしないので手持ちのコートと合わせて着られる


まるまる

シルエットのきれいさとダウンの暖かさを両立できるなんてお得〜!

コットン100%のロングカーディガン

飛行機の中って足回りが結構冷えるんですよね。暖房がついていてもなぜか足元はひんやり。


そんな時にはロングカーディガンが1枚あると便利です。移動中は普通に着て、飛行機の中ではブランケットに重ねて足にかけてあげると冷え対策に!


まるまる

特に寒い時はロングカーディガンを足に巻きつけて密着させればより暖かくなるよ♪

おすすめ商品

pink adobeのロングカーディガンはコットン100%、取り外し可能なベルト付きなのでお好みに合わせて着こなせます。


おすすめポイント

  • コットン100%なのでチクチクしない
  • ベルトの取り外しができるので色々な服に合わせやすい

飛行機の中で着るロングカーディガンは綿素材がおすすめな理由

飛行機の中でロングカーディガンを着る場合、毛布代わりにかけて寝たりハーフパンツやスカートの膝下に巻きつけることもあります。


なので、素肌に触れてもチクチクしない綿素材ものが断然おすすめなのです。

カシミヤ100%のカーディガン

ニットの中でもダントツの暖かさ・手触りの良さを持つカシミヤ。


高いから買う気になれない・・・という方も多いでしょうが、意外にもコスパは抜群なんです!


わたしはカシミヤ100%のカーディガンは常に所有しています。それを1枚重ねるだけで真冬にも対応できるので本当に便利。


カシミヤのメリット
  • 手触りがよくチクチクしない
  • 他のニット製品の追随を許さぬ暖かさ
  • ふんわりうさちゃんのようなやわらかい着心地(実際ヤギの毛ですが)
  • 毛玉ができにくく長持ちする


カシミヤは生産量が少なく値段が高いため買うとしても1〜2枚ですよね。なので使い回しのきく色、形のものが重宝しますよ。


ちなみにカシミヤでも値段はピンキリですが、わたしの経験上は暖かさや丈夫さはそんなに変わりません。おそらくブランド代や中間コストでしょう。

おすすめ商品

お手頃価格で着回しやすいシンプルなものならJewel Changesのカシミヤカーディガンがおすすめ。


15,120円とカシミヤにしては安めで、色も白・黒・赤・薄紫の4色展開でコーディネートしやすい!


おすすめポイント

  • カシミヤ100%
  • クルーネック(丸首)なのでえりもとまで暖かい
  • 無地で装飾もないため着回しやすい

カシミヤ100%カーディガンは買える時に買っておくべし!!

カシミヤは元々生産量が少ないことに加えシーズンにより市場に出回る量に差があるようです。出回る量が減ると当然値段も上がります。


一昔前は1万円以下のカシミヤ100%カーディガンもたくさんあったのに、ここ数年は2万円以上のものがほとんどです。


年によってはカシミヤ100%のカーディガンをほとんど見かけない年も。あっても毛や綿との混合で、申し訳程度にしかカシミヤが入っていません。


なのでわたしはカシミヤ製品はカーディガンに限らず気に入るものがあったら迷わず買っておきます。数年後には売っているかどうかわかりませんからね。

まとめ・海外旅行に便利なおすすめの上着

今回おすすめした上着を買える通販サイトはこちら。ご紹介したもの以外にも暖かくて着回しのきく上着をたくさん扱っているので是非是非見てみてくださいね!

コンパクトにたためるダウンコート・薄手のインナーダウン


<東京ガールズコレクション公式通販 SHOPLIST.com>


コットン100%のロングカーディガン・カシミヤ100%のカーディガン

コットン100%のロングカーディガンはこちら

カシミヤ100%のカーディガンはこちら


<FASHION WALKER 公式ホームページ>



※全品送料無料


まるまる

さぁみんな、かさばらない上着を持って旅に出よう♪