現在2018年、東京オリンピックまであと2年余りとなりました。


レストランやカフェを経営しているみなさん、スタッフのみなさん、外国人のお客様への対応は万全ですか?


ここで「YES」と自信を持って言える人はあまりいないのではないでしょうか。


まるまる

外国人のお客様が来店すると身構えてしまうという人は是非読んでいってね♪

スポンサーリンク



外国人観光客は増えているのに対応が追いついていない日本



わたしは現在ニュージーランド在住でたまに日本に帰省するのですが、外国人観光客が明らかに増えている一方でどこに行っても観光客の受け入れ態勢が整っていないのを目の当たりにします。


大手の高級ホテルのフロントや観光案内所では英語対応が可能だったりしますが、一般の飲食店では英語が話せるスタッフはおろか英語メニューすら置いていないところがほとんどです。

外国人の集客=売上増

当たり前ですが、外国人観光客が増えているのであれば外国語、特に英語での対応を充実させれば彼らを呼び込むことができ、売上は増加します。


そしてそれは一見難しいように見えますが、日本人を集客するよりもはるかに効果大です。理由はこの3つ。


  • 英語が通じる飲食店が少ないので、英語対応可能というだけで来店する理由になる
  • いつでも来れる日本人と違い、なかなか来れない外国人の方が気になる店に来店する決断をしやすい
  • 旅行中は財布の紐がゆるむためお金をたくさん遣ってくれる


外国人観光客の対応ってまず何から準備したらいいの?

とはいえ、接客レベルの英会話をすぐに身につけるというのは現実的ではありません。


まずは英語メニューを設置することをおすすめします。


外国人のお客様が知りたいことってほとんどメニューに関することなので、英語メニューを用意するだけでスタッフが質問責めに遭う可能性もかなり減らせますよ。

ココナラでメニュー翻訳サービス始めました

というわけで、日本の飲食店で働くみなさまのお手伝いをしたいと思い、この度ココナラでメニューの翻訳サービスを始めました!


みなさまのお店のメニューを英語に翻訳いたします。


レストランでもカフェでも居酒屋でもバーでもテイクアウト専門のお弁当屋さんやパン屋さん、お菓子屋さんでもOKです。


詳しくはココナラをご覧くださいませ♪


飲食店の英語メニューを作成します ニュージーランドの調理師免許を持つシェフがお手伝いします!


参考までにわたしの経歴を載せておきますね。


<食に関する資格>

  • 食品表示検定協会 中級食品表示診断士
  • ニュージーランド調理師免許(Diploma in Professional Cookery Level 5)
  • シティアンドギルズ(イギリスの国際技能資格の調理の免許)
    City & Guilds (Level 2 IVQ Diploma in Food Preparation and Cooking (Culinary Arts)


<英語の資格>

IELTS(アイエルツ) 7.0


<職歴>

ニュージーランドにてカフェ・レストラン・バーでのシェフ経験3年

ニュージーランドの飲食チェーン本部にてスーパーバイザーとして勤務。主な業務はメニュー開発と現場スタッフの指導



こんな人におすすめ
  • 外国人観光客が多いけどまだ英語メニューを持っていない飲食店さん
  • これから外国人の集客に力を入れたい飲食店さん

外国人の集客は飲食店経営のキーポイント

世の中にはたくさんの飲食店があり、お客様を呼び込み売上を伸ばすには他店との差別化が必要不可欠です。


日本では大都市や観光地でもまだまだ英語メニューのあるお店は少ないので、英語メニューがあるというだけでも外国人のお客様にとっては大きなアドバンテージであり来店する動機には充分。


外国人のお客様に喜んでもらえて売上も上がったらお店としても万々歳ですよね。





みなさまからのご依頼お待ちしております。英語での対応というと身構えてしまいますが、一緒にがんばっていきましょう♪


飲食店の英語メニューを作成します ニュージーランドの調理師免許を持つシェフがお手伝いします!


まるまる

不安なことはなんでも相談してね!待ってるよ〜♪