食材の選び方

【写真レシピ】ギーの作り方と、失敗して茶色く焦げた時の対処法教えます!

乳製品でお腹がゴロゴロする乳糖不耐症のまるです。

お腹がゴロゴロするのは、乳製品に含まれる乳糖やカゼインが原因と言われています。

でも乳製品っておいしいですよね。お腹を壊さず食べられたらどんなに幸せか!

というわけで、今回は乳糖・カゼインも有害物質も取り除いた澄ましバター「ギー」の作り方を写真付きで徹底解説しますよ!

この記事を読んでほしい人
  • 乳糖やカゼインが苦手だけどバターを食べたい人
  • バターに含まれるホルモン剤や放射性物質が心配な人

乳糖不耐症の人におすすめの乳製品「ギー」

ギーとは簡単に言うと澄ましバター。

乳糖や有害な乳タンパクであるカゼインが除去されているため、乳糖不耐症の人やアレルギーの人が食べても症状が出にくいというメリットがあります。

100%アレルギーが出ない保証はないので乳アレルギーの人は注意!

バターも牛乳よりは乳糖やカゼインが少ないのですが、ギーはそれをさらに精製したとても純度の高いオイルなのです。

まる
まる
ギーは最も清浄なオイルと言われてるよ!

また、ギーにすると乳糖やカゼインだけでなく原料乳に含まれるホルモン剤や放射性物質といった有害物質も取り除くことができるのでバターよりもさらに安心・安全!

日本ではグラスフェッドやオーガニックのバターが手に入りにくいので余計に有害物質の不安は大きいと思いますが、近所のスーパーに売ってる安いバターもギーにしちゃえば安全性が増しますよ!

ギーの作り方

既製品のギーもあるけど結構高いので、手作りするのがおすすめです。

今回ギーを作るにあたり、料理研究家のもりくみこさん(くみんちゅさん)のレシピを参考にしました♪

バターは400gのものを使用。少ないと焦げちゃうので400g以上で。無塩バターを選んでね!

では、さっそく作ってみましょう!

まず、清潔で乾いた鍋の中に無塩バターを入れ、とろ火でゆっくり溶かします。(切らなくてOK)

フツフツと泡が出てきて・・・

やがて鍋全体が泡に覆われます。

泡が固まってシート状に!鍋底に見える茶色いものは焦げ付いたカゼインや不純物のカス。

最終的にはこんな感じになります。

ザルで漉したらできあがり♪きれいな黄金色なら大成功!

ちなみに不純物(表面の泡と鍋底のコゲ)は固まってるので、漉す時にドバドバこぼれ出ることもなく楽々精製。

わたしは最初はザルだけで濾して、最後の細かいカスを漉す時だけキッチンペーパー敷きました。

泡がシート状になった後もさらに加熱を続けると泡の間に亀裂が入り、小さな塊に分かれます。これ以上加熱すると精製もしづらく焦げてしまう恐れもあるのでこうなったら火を止めましょう。

泡は触るとホロホロ崩れます。チュイールみたいw

底まで透き通るこの美しさ。

冷えて固まると左のようになるよ。(量が少ないから先に冷えた)

底は焦げ付いてるので一見洗うのが大変そうなんですが・・・

お湯でふやかしてヘラでこすれば簡単に落ちます♪

後日、2回目のギーを作成。

その後しばらくして1回目に作ったギーが尽きたので再度作りました。

残念ながら2回目はできあがりが透き通った茶色というか褐色になってしまい、失敗したんじゃないかと思いつつ一応冷めるのを待ってみました。

冷めたら意外にも黄色くなったので一安心。(1回目のギーよりはくすんでますがw)

ギーが茶色くなったのはなぜ?

実は1回目は火にかけている間、ちょこちょこ火の調節をしていました。

我が家は電気コンロのためとろ火にしても熱くなりすぎることがあり、たまにとろ火のとろ火みたいな弱〜い火力にする必要があるのです。

対して2回目は火力調節なしでもいけるか試したかったので、最初に設定した火力のまま最後までほっときました。

そしたらバターは完全に溶けて鍋底に不純物も焦げ付いてたので漉せる状態になったのですが、表面の不純物(泡)がシート状に固まっておらず、もう少し加熱が必要なのかと思い再加熱を繰り返していたらギーが焦げてしまったというわけです。

泡が固まってないと漉す時に最初からキッチンペーパーを通さなければならず(細かい不純物が入ってしまうため)、精製にものすごーく時間がかかってしまいます。

ギーの失敗を防ぐためのポイント
  • 火力が強すぎるとギーは作れるけど表面の泡が固まらず精製しにくい
  • 泡を固めようとして再加熱を繰り返すとギーが焦げてしまうことがある
  • 必要に応じて火力を弱め、最初から最後までとろ火で加熱する

底を見たら茶色いカスが溜まってたので、濾し切れなかった不純物か焦げた成分が沈殿したのかもしれません。

ギーが焦げた場合の対処法

上の写真のように茶色い不純物が沈殿していたら、上澄みのきれいな部分は通常どおり使ってください。

残り少なくなったら端を少し割って(冷蔵庫で冷やすと固体になる)、裏返して底に溜まった茶色い不純物をスプーンで削り取ってしまえばOK!

全部削り取るとこんなにきれいに!↓

ギーのアウト・セーフの見極めポイント

焦げたといっても真っ黒焦げじゃなければギーとして使えます。

いけるかどうか見極めるポイントは以下の2つ。

  • 香りが通常のギーと変わらず香ばしいか
  • 冷めた時黄色くなるか

また、精製し切れてない茶色いギーは常温だと傷みやすい(常温に置いといたら香りが悪くなってきた)ので、冷めたら冷蔵庫で保存することをおすすめします。

底の沈殿は不純物なので使う時すくわないように!

ギーってどんな味・食感?

ギーは加熱しているせいか、焼き菓子のような甘い香りと味がします。

冷蔵庫で冷やすと普通のバターよりは柔らかいけど結構硬くて、常温だとクリーム状でザラザラした食感、温めると溶けて普通の溶かしバターと同じような感じです。

保存は常温でOK!

溶かしてしまえば風味もバターと変わらないので、普段料理やお菓子作りにバターを使ってる人にもおすすめですよ♪

ギーは冷めてもやわらかくスプーンですくえるので計量も楽々。

まる
まる
バターの塊を切るめんどくささから解放されるw

ギーはアーユルヴェーダでも使われている

世界最古の医学と言われるインドの伝統医学・アーユルヴェーダでは、ギーは万能薬として様々な治療に用いられています。

栄養価も高く、消化力・免疫力を高める効果も。炎症を抑えたり、アレルギーの緩和などにも役立ちます。さらには脂肪にもなりにくいとか。

ってこれらの効果、乳製品を避けてた人の避ける理由を一掃してしまうではないか!

だって乳製品摂らない人って

  • お腹がゴロゴロするから
  • 花粉症ひどくなるから
  • 太るから

って人多いでしょ?もうね、これは乳製品摂らなかった人にこそ摂ってほしい乳製品です。

ギーの材料はこちらから

食塩不使用バターは有塩バターより高いので、お得な業務用サイズのバターがおすすめ。

パッと見は高価に見えますが、スーパーに置いてあるバターが200gで600円ほどであることを考えるとむしろこちらの方が割安です。

1kgのバターは一見多すぎるように見えますが、ギーを作るとバターから水分と不純物が抜けてかさが減るので心配はいりません。

ギーは一度作ってしまえば常温で長期保存できますしね。

それでも使いきれないという人は、半分だけギーにし残りは冷凍保存して次回のギー作りに使ってもOK!

どうしても作るのがめんどくさい人は、既製品のギーを買っちゃうのもアリですよ。

まる
まる
ギーが気になった人は、是非是非このブログを参考に作ってみてね♪
ミイダスであなたの市場価値をチェック!

ミイダスは今までの職歴を基に現在のあなたの市場価値や強みを診断できる転職アプリです。

  • 登録するだけで企業から面接確約オファーが来る
  • 7万人の転職データから自分と同じ経歴の人の転職先が知れる
  • コンピテンシー診断で強みや向いている仕事を発見

などなど転職に便利な機能が満載!

  • 会社に給与アップを交渉するための説得材料が欲しい
  • まだ転職エージェントに登録する気はないけど転職の準備をしたい
  • 転職エージェントで紹介された案件の収入が低すぎる、自分はもっと上を狙えるのでは?と思ってる

まずはミイダスで自分の市場価値をチェックしてみませんか?実は思わぬ高収入を狙えるキャリアかもしれませんよ。

ミイダスであなたの市場価値をチェック